「石の上にも三年」とかいうけれど、まずは乗っている「石」を確認してみよう

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

石の上にも三年と。「なんで3年働かないといけないんですか?」と部下に問われた時に、間に合わせによく使われる代表的な言葉ですが、この「石の上にも三年」ってそもそもどういう意味なんでしょうか?

石の上にも三年ってどういう意味?

冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。《コトバンクより》

なるほど。我慢強く辛抱すれば、必ず成功するということか。

しかし、気になるのが冷たい石という言葉。
そもそも、いろんな石あるじゃないですか。もう、最初から暖まっている石もあれば、とんがっている石もある。

ここでいう、暖かい石=自分にとって意欲の持てない環境、とんがっている石=過酷すぎて身体壊しそうな環境です。

スポンサーリンク

石がそもそも悪かったら、辛抱する意味がないということです。それは辛抱ではなく、ただの自傷行為だからです。(精神的な意味で)

自分の力にフタをする環境かどうかは、自分で判断しましょう

劣悪すぎる環境ならまだ良いんです。問題なのは、「劣悪なのか…?」と迷うレベルの環境です。
例えば、「業界じゃこれは当たり前だからね」レベルのパワハラ、その会社ではまかり通っている「いびり、陰口」がある環境とかね。

これは、なかなか他人に話しても、「え…それうちにもあるよ」と分かってもらえないことが多いです。
自分で「この会社おかしいでしょ」「この組織やばいでしょ」って思っているなら、それはおかしいんです。合わないんです。

他人に相談はしても良いですが、分かってもらう必要はないんです。結局、決めるのは自分ですから。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。
LINE@始めました!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら