忙しくても、「やりたいこと」に向けて1日5分行動すれば、それは「大きな一歩」になる

働き方、生き方
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。

僕はバンド活動をしたいからといって、会社を退職してフリーランスになりましたが、正直、今は自分の生活費を確保するので精一杯です。

 

作曲やドラムの練習に時間をとれていません。とても、音楽を目指しているとは思えないかもしれません。

「現状で専念できていない=それほどまでにやる気がない」と勝手に解釈してました。ただ、これは思い違いでした。

スポンサーリンク

 

ほんの5分でも良いから、作曲やドラムをやってみると「やっぱこれだ」という感覚を思い出す。

 

継続って、「自分の情熱を思い出す」のにも必要なことなのかもしれません。

 

やりたいことから遠ざかっていると、「5分の作業に何の意味があるの?」って思ってしまうのですが、実際、何にもしないと本当に何にも起きない。

 

やりたいことがあるんなら、とにかく5分からでも良いからはじめましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】