シェアする

今すぐやめないと、充実した生活がどんどん遠のくたった一つの行動

スポンサーリンク

俵谷 龍佑です。

充実した生活がどんどん遠のくたった一つの行動は、、

「情熱を持てない仕事をし続ける」ことです。自分は会社員時代、仕事に情熱を持てませんでした。働く目的がお金・生活のためだけになると、100%持っている力も発揮できません。

平日の仕事から逃げるために、土日を娯楽で埋めるという生活を送っていた。そうしないと、嫌な平日を思い出してしまうからです。

情熱を持てない仕事をし続けるとどうなるか?

自分はバンドで食べていきたいという想いを諦めきれずに、その想いを中途半端に持ちながら仕事し続けた結果、わずか1年弱で社内失業という評価を下されてしまいました。

▼詳しくはこの記事に書いています▼

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 なぜ、僕が新卒で入社した会社をたった1年で辞めることになったのか。 そして...
Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 今からかれこれ2年前の話ですかね、 僕はある会社でサラ...
スポンサーリンク

結局、この経験から私は情熱を持てることで働かないと、根本的な問題は解決しないということに気がつきました。解決するどころかより事態を悪化させることも分かりました。

情熱を持てないことをいくらやっていても好きにはなれないし、充実感は得られないと気づかされました。情熱を持てることで収入を得るという状態に進もうとしない限り、毎日が楽しく充実したものになるということは難しいでしょう。

お金を得る努力を”苦しい努力”ではなく”楽しい努力”に

お金もらうのだから、苦労がないわけじゃありません。

ただ、そのためにする努力が苦しいか、楽しいかという質の違いが大きな差を生みます。苦しい努力では決して長続きしない。楽しい方が良いですよ。

毎日が「文化祭」のような日々。

自分はこれが理想です。

毎日がイベント、毎日がお祭り。毎日がワクワク。まずこの生活にするには「情熱を持てること」に向かって進むことが大切です。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。

シェアする

よく読まれている記事はこちら
LINE@の登録はこちらから!

登録はこちらからどうぞ↓

友だち追加

Twitterでも情報発信しています