おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

「ポケモンGO」してるその時間で、ぜひブログを書いてみましょう

time 2016/08/15

「ポケモンGO」してるその時間で、ぜひブログを書いてみましょう
スポンサーリンク

「ポケモンGO」は楽しいアプリゲームですね。

しばらく、スキマ時間にポケモンGOに画面を専有させていましたが…。オリンピック始まったあたりから、しばらくプレイ画面を見なくなってしまいました。

というのも、もうお腹いっばいになってきたからです。(まだレベル14ですが)

ブログを1年飽きずに懲りずに書いてきて、やっぱりポケモンGOよりもブログの方が楽しいなと思った次第でございます。

ブログは、ゼロから作り上げるゲーム

なぜ、みんなにオススメしたいかといえば、ブログは育成ゲームに似ているからです。

どう、育成ゲームに似ているか。それは、書けば書くほどアクセス数が伸びるし、メディア(媒体)として面白いものになるからです。(一つ一つの記事がしょうもなかったら話は変わってきます)

まさに育成に近いんですよね。レベルは、すなわちブログでは「アクセス数」に置き換えることができます。100万アクセスになるまでにはどれだけの努力が必要なのか…計り知れません。

さらに、ブログには「ゼロからつくり上げる楽しさ」があります。

FC2ブログとかライブドアブログとかのブログサービスを使っていると少し制約もでてきますが、基本的に自分のメディアとして自由に世界を作ることができます。

とっても地味です、しかし楽しいんです。

ブログを作ると様々なことができるようになる

レベルが上がると(つまりアクセス数が増えると)、メディアとしての価値が上がるので、様々なことができるようになります。

例えば、物販。音楽だろうと、書籍だろうと、販売することができます。さらに、セミナーや講演会などの集客も行うことが出来ます。

とあるように、人が多く集まるメディアとしての機能が備われば、何でもできてしまうのです。

スポンサーリンク

たかがブログ、されどブログなんですよね。

僕、実際にブログをするまでこの凄さに気づけませんでした。「こんなブログ、絶対にぎわってないでしょ」と思うものこそ、意外と人気ブログだったりします。

それは自分がターゲットじゃないってだけで、ドンズバの人はたくさんいるかもしれないってことなんですよね。そこがブログの面白いところです。

ブログは、自分の将来さえも変える力がある

前段では話した通り、影響力のあるブログを持てば、それはそれは自分の将来を変えることだってあります。

僕も、ブログきっかけで少しだけ将来が変わりました。いや、だいぶかな。

「会社を辞めて、さあ独立しよう。音楽が好きだから音楽で食べて行きたい!」と思うきっかけをもらったのも実はブログです。jMatsuzakiさんという人のブログから僕は勇気をもらいました。

そして、僕もブログを始めて、何やかんやブログを書くという習慣が身についたおかげで、精神的にも安定し、仕事の宣伝媒体としての機能も果たすまでになりました。

ブログ業という世界に飛び込むまでは、全く予期もしなかったことでした。

 

というわけで、そろそろまとめようと思うのですが、何が言いたかったかといえば、ブログは、自分の人生に良い影響を与えてくれるものであるということ。得られるものもとても大きいということ。

ブログは、コストもかからないし損がないから、ぜひ始めてみてはいかが?ということを言いたかったのです。

僕も半信半疑で始めたから、最初は「ブログを書くだけで良いことなんて起きるの?」って思ってましたが、これは本当です。

▼ブログで自分の変化を感じた瞬間について書いた過去記事▼

http://orezinal.com/150167

http://orezinal.com/150198

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]