おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

上手くいかない時は、後ろ向きな「つぶやき」や「動作」を無意識にしてるだけ

time 2016/04/07

上手くいかない時は、後ろ向きな「つぶやき」や「動作」を無意識にしてるだけ
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

うまくいかない時って、実は上手く言ってないわけじゃなく、勝手に自分が思い込んで作っていることがほとんどです。

考えすぎて、呼吸浅くなってたり、「だめだ」「もう無理」と無意識にネガティブなつぶやきを自分に向けて発してしまっているんです。

 

 

根拠の無い自信は、前向きなつぶやきの蓄積で構築されます。

あと、行動が止まってしまう原因は、大概、「視点の固定化」。

http://orezinal.com/150235

ずっと、同じことやってるから、不安になって、そこから「ネガティブな思い込み」→「ネガティブなつぶやき」→「ネガティブ思考」とどんどん悪化していく。

この負のスパイラルに陥らないためにも、視点が同じと自分を思わせないくらいにとにかく「動く」ことが重要です。最近、仕事で精神が停滞し始めて、これらを試したらかなり効果あったので、シェアしてみました。

ではでは。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]