おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

二度寝をしてしまうのは、寝る前の「起きられるはず」という根拠のない自信が原因だった

time 2015/11/05

二度寝をしてしまうのは、寝る前の「起きられるはず」という根拠のない自信が原因だった
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

最近、生活リズムが崩れてしまっています。ずっと、早起き生活が続いていたのに珍しく生活リズムが少し崩れてしまいました。

起きる時間も5時、6時、7時とどんどんと遅くなっています。

「なんで早く起きれなくなったのか??」

考えてみたら、ある結論に行き着きました。

「早起きが習慣になったから、多少の夜更かしは大丈夫」という根拠のない自信を持つようになった

早起きが生活習慣になってしまったからこそ、起きてしまったことなんですよね。

「早起きができるようになったから、少し寝るのが遅くなっても、睡眠時間が少なくなっても多分大丈夫だ!」

これが積み重なって、どんどん寝る時間と起きる時間が遅くなってしまいました。やっぱり、自分の適正な睡眠時間(私は7時間です)を守らないと、早起きはできないとつくづく実感しました。早起きは自然と身につくものではなく、早寝と適正睡眠時間を継続的に守っているからできていた習慣だったのだと、改めて気付かされました。

二度寝してしまうのは「気合い」ではなく「睡眠」が足りないから

起きる気がないから二度寝をしてしまうと思いがちですが、十分に睡眠が足りているはずならば、二度寝はしません。早起きするためにいろいろなことをしてきたので、これははっきりといえます。

▼こうして早起きできた~寝る前にとるべき行動3コ~▼

http://orezinal.com/150044

スポンサーリンク

▼知らなかった!人間は、朝起きる時間で眠くなる時間が決まるらしい?▼

http://orezinal.com/150110

気合いで起きようとすれば、習慣化は難しくなります。睡眠が足りないと体が訴えているのに無理やり起きるわけなのだから、そんなやり方では長続きしません。

睡眠時間がもったいないという感覚を捨てる

自分はまだまだこの感覚が捨てきれていないなと思いました。ついつい寝るのがもったいないと思ってしまう。

ほら、寝ている間って自分は何もしていないと思いがちでしょう?でも実際は「休む」という重要な仕事をしているんですよね。実際は何か行動をしているわけではないので、もったいないとついつい思ってしまうのですが、必要なことなんですよね。

よく「8時間は寝すぎ。4時間で十分だ」という人もいますが、それはその人はその睡眠時間で十分というだけです。普通の人は、短い睡眠時間ではろくに仕事も遊びもできません。まずは自分の適正な睡眠時間を把握することが必要です。

▼予定通りにいかない時は自分の行動パターンを把握すると上手くいく▼

http://orezinal.com/150062

たとえ、寝すぎてしまっても、それはそもそも自分にとって必要な睡眠時間だったのです。寝すぎてしまう時は大概、睡眠時間のリズムが崩れている時、夜更かしが続いた時です。

早寝早起きの生活を続けて、自分に必要な睡眠時間をとっていれば、実はこういうことはあまり起きなくなります。しかし、僕のように寝ることを許さなくなると、いずれまた体が悲鳴をあげて強制的に寝るようになります。

ここは僕自身、訓練の足りないところ。ここのマインドは変えないと、と思います。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]