おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

これで集中力アップ!YouTubeを見ないようにするシンプルで効果的な5つの方法

time 2015/06/15

これで集中力アップ!YouTubeを見ないようにするシンプルで効果的な5つの方法
スポンサーリンク

フリーランスでWebライターという職業柄、豪雨の日や台風の日は、自宅で仕事をすることがあります。

そこで、僕の天敵であり味方といえるのがYouTubeです。昨今のYouTubeは賢く、人間を動画地獄に陥れるちょっとした悪魔です。。

http://orezinal.com/160458

YouTubeを見てしまうと、もう最期。

気がついたら、2〜3時間を食いつぶされてしまいます。なかなか仕事モードに戻るまでに時間がかかります。

「あ〜、YouTubeを見ないようにしていたのに、なんて見てしまったんだ…。」と後悔の念に駆られることもたびたび。

何か解決方法がないかと、色々と方法を試してみたら少しばかし上手くいったので、以下にて共有したいと思います。

1.自宅ではなく、外で作業をする

keyboard-338507_640

僕の場合は、シェアオフィスですが、まあカフェでもよいわけで。

とにかく、人の監視があるということが重要です。あと、カフェにわざわざお金払ってきて作業しようというのに、YouTube見る気も起きないというのも一理あります。

この傾向は、シェアオフィスではなおさら。

なんでかって、みんな仕事をしにきているので、自分だけサボっているわけにはいかないからです。

ただし、ここで注意したいのは、「ネットカフェ」をだめということ。

ネットカフェは、外出とはいっても「外で引きこもる」のと一緒。カラオケも同義。

個室だから、いくらでもサボれてしまう。他人の目が及ばないと人間やっぱりダメになりますよー。

ただ、ネットカフェのオープンエリア(個室じゃない席)なら、まだ良いとは思いますが。

とはいえ、マンガにネトゲと誘惑がいっぱい揃っているので、正直オススメはできません。

2.「あなたへのおすすめ」の動画は見ない

mobile-630289_640

数年前にはなかった、Youtubeホームで出てくる「あなたへのおススメ」「もう一度見る」

「あなたへのおすすめ」は見た動画に類似する動画をわざわざ厳選してくれています。

この二つの機能は非常に中毒性が高く、クリックしたら一巻の終わり。動画地獄に誘われます。

もしどうしても見たい衝動が抑えられないなら、検索窓から検索しましょう。

スポンサーリンク

僕なんかがそうなのですが、「何となく」YouTubeにアクセスしていることってあるのです。

検索窓で検索するクセをつけると、この「何となく」アクセスする回数を大幅に減らせて、動画無限ループにはまる割合を減らせます。

3.音楽はiTuneで聞くようにする

headphones-690685_640

YouTubeを作業用BGMを聴くために使っているという人は多いと思います。

「でも、気がついたらお笑い動画見てました」なんてことになりかねません。

音楽は、iTuneから音楽を聴くようにしましょう。

YouTubeを見ないようにするには、いかに接触回数を減らせるか。ここがカギですね。

4.YouTubeをお気に入りバーから削除する

garbage-can-244490_640

気軽にサイトにいけてしまうのが良くないのです。

思い切って、「お気に入りバー」から削除しましょう。

これだけで、「検索するのが面倒くさいから」と、YouTubeを見る可能性を減らすことができます。

5.セキュリティソフトでアクセスを遮断する

domino-665547_640

これは、もう最後に使う奥の手です。

僕も、さすがにここまで試せておりません…。そんな勇気ないよ!

最終手段なので、どうしようもなくなった時に使おうと思っています。

ただこれをしたところで、設定しているのも自分なので、解除をすぐにすれば動画は見れてしまいますがねw

まとめ

  1. シェアオフィスで作業をする
  2. 「あなたへのおすすめ」の動画は見ない
  3. 音楽はiTuneで聞くようにする
  4. YouTubeをお気に入りバーから削除する
  5. セキュリティソフトでアクセスを遮断する

いかがでしたでしょうか?

5番はさておき、僕は上4つの方法でYoutubeを見ないようにすることができました。

もちろん、完全とはいきませんが、以前よりは見る時間がだいぶ減っているかと。

やはり人の目がある環境に身を置くことは非常に効果が高いんですねー。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]