朝型生活にするだけで、節約できることに気が付いた

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

朝型生活になって気がついたこと。それは使うお金を減らすことができるということです。他にも効能がありますが、今回は節約に特化して書きます。詳しくは以下で。

お酒を飲む量が圧倒的に減った

water-290206_640

とにかく起きる時間を早くすると、夜眠くなります。

そうなると、夜飲もうと気が起きなくなり、飲んでも1~2杯になりました。以前では5~6杯は飲んでいました。現在は飲む量が減ったことで使うお金が減りました。これは嬉しい。

家に早く帰るようになった

silhouette-683751_960_720

スポンサーリンク

以前では23時、0時くらいに帰路についてましたが、今では18時、19時に帰るようになりました。

とにかく夜遅くまで外出することがなくなりました。早起きをするために夜遅くまで出歩く気がだいぶなくなりました。その結果、夜ご飯も自宅で食べるようになり出費が減りました。

夜更かしをしないため光熱費が安くなる

office-620822_640

冬は別として、基本的に朝は明かりが必要ありません。

そして、冷房・暖房もある程度は我慢できます。夜起きようとすれば明かりは必要ですし、テレビをつけたくなります。

個人的に一番、効果があったのが「お酒」です。

「お酒」があれだけ好きだったのに、今ではめったなことがない限り、飲まなくなりました。また朝型生活への挑戦記、機会があれば書いていきたいと思います。

▼朝型生活にするために必要なこと《まとめ》▼

【保存版】これらを実践したら、眠気に悩まされず快適に過ごせるようになった〜日々実践している習慣10コ〜
俵谷 龍佑です。 ライターという職業柄、睡眠は大敵である。文字を書く仕事となると、集中力が必要となるので、日ごろか...
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。
LINE@始めました!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら