昭和にタイプスリップできる老舗珈琲店「カヤバコーヒー」に行ってきた

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

最近、「每日新しいことをする」という習慣の一環で、新しいお店を開拓しております。

昨日は、千駄木にある老舗珈琲店「カヤバ珈琲」に行ってきました。

ここがレトロで僕好みだったので、紹介したくなっちゃって、パシャパシャ写真を撮ってしまった。

「カヤバ珈琲」そばの閑静な住宅街

レトロな看板が目印

こちらが「カヤバ珈琲」!

カヤバというと、「茅場町」にあるとつい思ってしまいますが、実はここの創業者の榧場さんからとられた名前。

看板がレトロな感じを醸し出していて良い感じです。

古き良き世界観を残した創業70年以上の老舗珈琲店

実はこのお店は開業が昭和13年、つまり今から79年前。

しかし、前のオーナーの方が平成18年に亡くなられて一旦は閉店したのですが、お店の再開を望む常連さんと地域の有志の方が協力し、2009年にリニューアルオープンしました。

お店の入り口はこんな感じ。レトロです。

扉にある「ありがとうございました」というプラスチックの掲示が時代を感じさせます。

この日は休日で混んでいたため、2階を案内されました。

スポンサーリンク

靴を脱ぎ、小さな階段を上がっていく。なんだかこういうのワクワクしますね!

階段は細く急なので、はしゃぎすぎて転ばないように気をつけましょう。

僕は写真に夢中で転びそうになりました。

早速、ドリンクを注文。

せっかくお店に来たので、人気メニューの「谷中ジンジャー」を注文。

数分後、「谷中ジンジャー」が到着。

お味は僕好みの味でした!生姜から作った本格的なジンジャエール、舌にピリリと来る生姜特有の辛さと爽やかな味わいがなんともいえない!

夏の暑い時にはうってつけですね。

フードメニューも頼みたかったのですが、この日はあいにく二日酔いで食べ物は食べられずw

ここの人気メニュー、「たまごトースト」はまた次回ということで・・・。

まとめ

千駄木駅と根津駅、日暮里駅から近いので、谷根千の観光の足を休める時に、レトロな雰囲気を味わいたい時には、ぜひお越しを。

今日紹介したお店の基本情報

店名:カヤバ珈琲

住所:東京都台東区谷中6-1-29

営業時間:8:00-23:00(月〜土)、8:00-18:00(日)

ホームページ:http://kayaba-coffee.com/top.html

こちらの記事も合わせて読まれています

名古屋名物、味仙の「台湾ラーメン」が辛すぎて唇がタラコになった

東京唯一のブータン料理専門店「ガテモタブン」に行ってきた

全国6位の人気店「金色不如帰」で蛤ラーメン食べてきたよ

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています