全国6位の人気店「金色不如帰」で蛤ラーメン食べてきたよ

スポンサーリンク

いつだったか、有名ラーメン店「金色不如帰」だと思って、違う「ねじ式」というお店に
入った記事を書きましたが、

ようやく念願の「金色不如帰」行けたので、レポートを!

気になる人気店、どこにあるの?

場所は、京王線の「幡ヶ谷」にあります。

ここ意外と好立地で、新宿から電車でわずか3分。意外と学生や独身社会人も住んでいる
人気エリア。

幡ヶ谷駅から歩いて2分くらいのところにある「6号通り商店街」に、この人気店はあります。

だいぶ、商店街を進み、もう終わりかけたところくらいに、前間違えて入った黒塗りの「ねじ式」というラーメン屋さんがあります。

ここを左に入ります。(前回はこの曲がり角を完全に見落としていました)

早めに行かないと並びます

開店30分前に着いたのですが、すでに5人並んでいました。(赤で囲っているところ)

せめて2人くらいかと思いきや、人気ぶりが伺えます。

この日はとにかく寒く、はふはふしながらラーメンを食べる絵を浮かべながら、

なんとか寒さをしのいでいました。

そんなことを考えていたら、僕の後ろに10人くらいの列が。長蛇の列になっていました。

あと、5分遅かったら、おそらく1巡目に入れなかったと思いますw

店内はどうなっているの?

店内の席数はわずか8席。さっきも書いたように来店が遅いと、2巡目、3巡目になって
待ちぼうけを喰らいます。

スポンサーリンク

店内は、シンプルな作りで、細めの若いいかつい店員さんが職人のごとくラーメンを丁寧に
作っています。

その雰囲気に負けて、気軽に店内の写真を撮れませんでした。

だから、写真なしでご勘弁を(泣)

そうこうしているうちに、念願のラーメンが。

待ちに待ったラーメンはどんな味?

僕が頼んだのは、醤油ラーメン。ちなみに、全部蛤ベースです。

ラーメンはというと…

スープが透き通っていてキレイな色ですね。
待ちに待ったラーメンを早速いただくことに。食べてみると、見た目以上にあっさり。

蛤のダシが香ばしいスープに細麺がマッチしてます!

僕はラーメンを食べる時は朝ごはんを抜いていくので、あっという間にスープまで完食をしてしまいました。

個人的には・・・
ちょっと蛤が主張しすぎかなと思いましたね。

麺もちょっと細すぎるかなって感じでした。

麺の部分は、特に個人の好みの部分によるので、ここは何ともいいがたいですがね。

とはいっても、僕が食べたのは醤油だけなので、次は塩ラーメンを食べに行きたいと思います。

ちなみに、このお店は曜日によってテイストが変わります。

  • 木曜日:一汁三にぼし 裏不如帰(煮干しベース)
  • 金曜日:金色不如帰 覇(味噌ベース)

全く違うラーメンが出てきて、びっくりすることになるので、くれぐれもお間違いのないように!(だいぶ、トラップが多いですねw)

以上、ラーメンレポートでした。

今日紹介したお店はこちら

店名:金色不如帰

住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12

アクセス:幡ヶ谷駅から徒歩3分

場所:6号通り商店街内

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。
LINE@始めました!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら