鶴屋吉信 東京店では、わずか1,296円でカウンターで出来たての和菓子を堪能できる

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

かねてから、気になっていた「鶴屋吉信 東京店」に行ってきました!

高級割烹店のようなカウンターで、できたてほやほやの和菓子がいただけるということで、日本橋まで足を運んできました。

場所は、明治浪漫の情緒漂う「日本橋通り」沿い

「鶴屋吉信 東京店」は、三越前駅にあります。

日本橋通りって、実は来たことがなく、景色はどことなく明治チックな雰囲気。

大手町や丸の内とも、また違う街並みで良いですね!

14551096_1132039463541976_787657862_o

2014年、日本橋通り沿いにオープンした「COREDO室町3」の1Fに「鶴屋吉信 東京店」はあります。

職人さんが和菓子を一つ一つ手作りで作ってくれる

「鶴屋吉信 東京店」では、「お土産コーナー」「通常和カフェ席」「和菓子カウンター席」と席が分かれています。

和菓子カウンターは、たったの6席しかなかったのですが、休日の16時という何とも中途半端な時間帯にいったのが良かったのか、並ばずに座れました。

和菓子カウンター席の場合は、メニューは「和菓子+抹茶+番茶(1,296円)」だけ。

和菓子は3種類から選ぶことができます。

おそらくですが、和菓子は時期や週によって変動するものと思われます。

今の時期は、秋なので栗や柿を素材に使った和菓子がありました。

僕は、その中から「栗きんとん」を選びました。

作ってくれる最中は、職人さんがこちらの方を向いて完成までの様子を見せてくれます。

写真を撮りたかったが、あまりの荘厳さにぼーっと無言で見入ってしまいました。(なので写真なし!w)

そして、完成した和菓子がこちら。

スポンサーリンク

14571999_1132039190208670_88669933_o

普段なら、丸かぶりして一口で食べてしまうところですが、この時ばかしは、5分くらいかけてゆっくりと味わいました。

この後、番茶も出てきて、大満足でお店を後にしました。これで、1,296円は正直安い!

お土産にもオススメです

お土産にも最適。

「鶴屋吉信 東京店」のカウンター食べられるお菓子も、お土産にすることができます。

ただ、生菓子であまり日持ちはしないので、ご注意を。

僕はあえて、自分が食べてない生菓子をお土産にしました。

僕が買ったのはこの「栗まろ」「月兎」

14522307_1132039556875300_576487331_o

あとで、日本茶とおいしくいただきました。

この「鶴屋吉信」は実は京都が本店なのですが、カウンターで和菓子をいただけるのは、ここ東京店だけ。

デートでも、友達とでもおすすめの観光スポットですよ!ぜひどうぞ。

こちらも合わせて読まれています

東京唯一のブータン料理専門店「ガテモタブン」に行ってきた

カップラーメン(シーフード味)をトムヤムクン風にするレシピをやってみた【有吉のダレトク!?】

名古屋名物、味仙の「台湾ラーメン」が辛すぎて唇がタラコになった

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています