仕事を効率化するベストな方法は、電話を出ない勇気を持つこと

スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

フリーランスになってから、より一層、仕事を効率化する方法を考えるようになりました。

その中でも、特に効果的なのが電話を出ないこと。

「え、そんなことしちゃっていいの?」と思いますが、しても良いのです。

「電話はかかってきたら出ないといけない」は思い込み

電話はかかったらすぐにとらないといけない、会社員ではそうですね。

上司のものでも、自分宛てのものでも、下っ端なら電話をとらないといけない。

お客さんを待たせてはいけない。

・・・

しかし、よく考えてみてください。

急ぎの仕事や対応があるのに、電話に出なきゃいけないなんてルール、非効率だと思いませんか?

しかも、自分に全然関係のない電話に出るとか「愚かすぎるルール」でしかないと僕は思います。

そう、本来はこんなルール、全く意味が無いのです。

生産性を下げるだけ。電話は自分がとりたい時に取ればよいし、営業電話であれば、出る必要もないのです。

電話は相手都合のもの。そこに無理やり合わせる必要はない

そもそも、電話がかかってくるタイミングって、相手都合のものなんですよね。

まだ、メールで「今かけても宜しいでしょうか?」と聞いてくるなら百歩譲って。

あからさまに、こっちの都合が無視されるツールなわけです。

イケダハヤト氏のこの記事とかが本当にその通りだと思います。

まだ電話で消耗してるの?あれは「FAX」並に古いツールでしょ……。

仕事の最中にいきなり「電話する」というタスクが割り込まれるわけですから、集中力が途切れ、結果的に仕事の効率は下がります。

そして、定時で帰れず、残業に・・・となるわけです。

もちろん、これはフリーランスでも一緒。どんどん仕事の終わりの時間が遅くなります。

まず、電話1件にかかる時間を考えてみましょう。

スポンサーリンク

ちょっとした相談ベースなら、おそらく5〜10分最低でもとられるはず。

それが3件、4件、5件となれば?

積み上がって、1時間も電話に時間を割くことになります。1時間!

もちろん、連絡手段は電話だけではありません。

メールやSNSのチャットなど、様々な連絡手段があります。

これらに一つ一つ丁寧に対応していたら、本来できたであろう仕事を、また次の日、また次の日と先送りすることになるのです。

電話はエビデンス(証拠)が残らない。ビジネスならチャットの方がよっぽど有益

あと、電話の不便なところは、何かのトラブルの時に「言った言わない論争」になること。

証拠が残らないのです。

こうやって、改めて書くと本当に電話ってデメリットだらけですね。

もちろん、あれですよ。これはあくまでビジネスの話。

友達や彼女と電話で長電話するのは面白いもので、それはそれ。

しかし、ビジネスに限っては、とっても非効率なツールです。

僕は、ビジネスで最も効率の良い連絡手段は、チャットだと思っています。

メールも、正直、決まりとか礼儀とか考えないといけないし、立ち上がりが重いので、あんまり好きじゃない。

チャットだったら、もっと気軽に連絡できるし、さくっとファイルも送れる。

まとめ

もし、仕事がなかなか終わらないと感じているのなら・・・

もしかしたら、真面目に全ての連絡に対応してしまっているのかも。

早くメールや電話を返したところで、その量が多ければ、それはいくら頑張っても、仕事は終わりません。

根本の、「連絡ばかりしていて仕事をする時間を確保できていない」というところに気づかないといけませんね。

こちらの記事もあわせて読まれています

時間管理でまず行うべきことは、「やらないこと」を徹底的に決めること

作業効率を格段に上げたいなら、絶対に覚えておきたいショートカットキーまとめ

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています