1分1秒ぼーっとしている時間をなくして、ジタバタしてれば何かしら変わるよ

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕は、ジタバタするのが好きになりました。

でも、昔は本当にジタバタするのがみっともなくて、かっこつけて静観してました。今考えたらそんなプライドしょーもない。

行動しなければ、脳のも一緒に怠けはじめる

動けない理由として、「時間がかかる」「面倒くさい」というものが一番なのですが、これに支配されると身体ばかりでなく、心や脳までもが「怠け」に侵食されます。

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 今日もツイートを再利用してカタカタ記事を書いていきます。 時間って、そもそ...

とにかく、人間は怠け者で新しいことをするのが面倒な性質を持っているので、何かと理由をつけて動かないようにします。

しかし、これに従ってしまうとだらーっとした一日を過ごすことになり、とても怠惰な生活になってしまいます。これからのGW明けは特に危険。

会社や学校にいれば、強制力が働いて行動できますが、これは「自制」じゃないんですね。

大概、上手く行かない時は「何も行動していない時」。

よくあるじゃないですか?会社いくのが面倒で休んじゃうと何だかそこから調子が狂って全て上手くいかなくなること。止まると、思考も停止します。

辛い時こそ、手を抜かずに行動し続ける

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 先週に引き続き、今週の振り返りを。

以前の記事にも書いていますが、辛い時こそ手を抜いてはあかんのです。

スポンサーリンク

止まれば前に進まないから、何も生まない。結局、何か変えたければ1mmでも0.1mmでもいいから進むしかない。

そもそも、人間ってやりたいこと/やりたくないことにかかわらず、行動を起こす最初は面倒臭がるのです。

つまり、自分の感情は一切あてにならないということです。だから、無心で行動し続けることが大切なのです。

Twitterでハッとさせられる言葉を発信し続けているF太さんもこんなツイートをしています。

結局、めんどいから取り掛かりやすい「部屋の掃除」「ネットサーフィン」に行動のエンジンが埋没してしまう。埋没させないためには、無心で決めたことを行うほかありません。

行動というと「大それたこと」のように感じますが、「英単語を5つ覚える」、「毎日10分筋トレ」といった意外と見くびりやすく、しかし実際はなかなか継続・実践できない、ほどよい行動量がカギを握っているものです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

シェアする

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています