フリーランス俵谷龍佑の公式ブログです。サイトやメディアの記事コンテンツ制作・メディア運営を行っています。

お仕事のご依頼・お問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

現金支払NGの「GATHERING TABLE PANTRY」がなかなかぶっ飛んでいて面白かった

超ディープスポット
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷龍佑(@tawarayaryusuke)です。

年始にニュースで取り上げられていた、ロイヤルホストグループが実験的にオープンした現金支払NGの店舗「GATHERING TABLE PANTRY」に行ってきました。

実は、開店当初から知っていたのですが、すっかり忘れておりまして、年始で時間もあったので行ってきました。

店内にレジが一切ない

キャッシュレスなので当たり前なのですが、よく見てみると店内にレジが一切ありません。

最近のおしゃれカフェとかはsquareとか楽天payとかスマート決済になっているので、あんまり違和感はなかったですが、なんか入った時の印象はお店というよりはラウンジとかイベントスペースという印象でしたね。

余計なものがない。

注文もタブレットから、テーブルでセルフ会計

注文もタブレットからサクサクと。

最近の居酒屋はタッチパネルなので、このへんはまあ普通ですね。

 

しかし、決済となると話は別物。

つい店員さん呼びたくなるが、よく見るとタブレットにかごのマークが。

どうやら、タブレットで全て完結するようです。

 

今回は、LINE PAYで決済。

クレジットの場合は店員呼び出しとなってカードを切る端末を持ってきてくれるみたいです。

 

スポンサーリンク

決済が終わると、このようにTHANKS!という文字が表示されます。

この画面になると、注文できないようにロックが掛かります。よくできています。

アレルギー表示や冷凍食品の購入もできる?

ご丁寧に、タブレットでアレルギー表示の一覧を見られます。

ほとんどの外食がホームページに掲載していることが多いので、これは良い取り組みかと。

わざわざホームページにログインする人はほとんどいないわけで。

 

また、実は冷凍食品もこのお店の中で販売していて、タブレットの[SHOP]という項目から購入できるようになっています。(冷凍食品の写真撮り忘れました・・・)

まあ驚きなのが、このお店で出てくる食べ物のほとんどがこの冷凍だそうで!!

とてもそうは見えない。

 

今回、ザッハトルテ頼んだので、これはおそらく違うだろうが…。いやそう信じたいw

まとめ

そもそもカード支払いが大半の僕にとっては、そこまで斬新な体験ではなかった。

というより、むしろこういうお店なんで今までなかったの?っていうのが感想ですね。

もっと増えればよいのにと思います。

実際、店員さんの立場になれば、キャッシュレス決済でレジない方が圧倒的に楽だし、柔軟な接客できると思うんです。

2号店も2019年中にオープンとのこと。

2号店は、「冷凍食品をお客さん自身が調理して食べる体験型店舗」とかいうぶっ飛んだお店のようなので期待したいですね。

訪れる際は、くれぐれもカードか決済できるスマホを忘れずに。

こちらも合わせて読まれています

名古屋名物、味仙の「台湾ラーメン」が辛すぎて唇がタラコになった

2ヶ月ごとに世界の朝食を楽しめる!「WORLD BREAKFAST ALLDAY」に行ってきた

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ADD(グレーゾーン)が原因で入社半年で社内失業してフリーランスに。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。旅する音楽イベントライター。旅先でジャムったりライブレポ書いたりしてます。 発達障害(ADD)の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【歌/京都/料理/野草茶/自転車】