バンドマンですが、ライブもカラオケも苦手なので極力行きたくありません。

音楽
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

マジで苦手なんですよ。でかい音が。笑
あの、人が大勢いる環境も苦手かつ爆音流れてるから疲れちゃうんです。。おじいさんです。

ちなみに、いくらファンでもよっぽどじゃなきゃいきません。

「演奏してるのに?」って思いますが、演奏してる最中はね、実は気にならないんです。ステージ上でも、実は中音はそんなにうるさくないんです。これ意外な感じするかもしれませんが。

演奏はしたいけど、聞くのが苦痛というわがまま

本当にわがままなんですが、昔からなんですよー。
できれば、座って作業しながら聞きたい。聞くことに全神経を集中させるのがとにかくきつい。。

ジャズみたいな感じで、座ってゆっくりロックとかパンク聞けるとこってないのかな?

スポンサーリンク

手軽に聞ける、手軽に演奏できる場がもっとあればよいのに

こういう場って、今後増えると思いますが、まだまだ主体はライブハウスじゃないですか?

あれがいけない気がして。聞くだけで、話できないし周りの人と交流できない。交流っても、モッシュとかサークルとかでしょ?ぼく、無理っす、、

絶対、ぼくみたいな少数でいると思うんですよ。ライブ行きたいけれど行けない人。特に女子とか。

ライブハウスのあのタバコくささと闇闇な感じはなんとかならぬものか。未だ禁煙のライブハウス見たことないし。もし、そんな理想のライブハウスが知ってるよーって方はぜひご一報いただければ。

Wi-Fiあって椅子ある席とステージ近い席で分かれているみたいなライブハウス……

って…そんなライブハウスないか笑

[no_toc]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】