ホームページ制作支援サービス「Quick Page」

対面ならわずか2〜3日で納品できる迅速ホームページ制作サービス。個人事業主・スタートアップの方におすすめのサービス。オプションで操作マニュアル・Web集客メニューも。ライティング代行も行っております。

お問い合わせはこちら

歩道でガンガン速度出して自転車乗ってるバカって、想像力が本当に無いんだと思う

キャリア・働き方
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

最近、電車通勤をやめて自転車通勤にしてから、本当に感じること。

それが、せっまい歩道で自転車スピード出している人が多いってこと。

まあさ、車道が狭くて危なくて走れないから歩道走ってるっていうのは分かるんですけど、人二人分くらいしかない歩道をそんなに早いスピード出して走るかね。バカじゃないの?

しかも、よく見てみると、だいたい後ろに子供乗せるカゴついている自転車を乗ってる、つまりママさんなんですよね、高確率で。(僕の体感だと多いです)

子育てや家事忙しいの分かるけど、じゃあ人の子供ひいてもいいの?って話じゃないですか?これって、想像力が足らないんじゃないかなって思うんです。

想像力が足らないから、人に迷惑がかかると分からない

これに気がついたのは、この記事がきっかけ。

巷に転がるマーケティング例。電車の化粧と顧客視点はどうつながる? | More Access! More Fun!
↓ ちょっと前の11/4の朝日新聞にこんな記事が・・・ 電車内の化粧、中3も考えた 受け止め方に世代差 この電車の化粧、昔からいわれているが、いまだになんで盛り上がるのだろう。それは、「どうして電車内で化粧するのがマナー違反なのか」という理由が明確にされてないからだ。 その理由を語るとき、「みっともない」とか「不愉快」

「これをやったら他人はどう思うかな?」が抜けてるんですよね。

つまり無頓着、無神経ってこと。最近の世田谷の悲惨な事故も同じことがいえるんじゃないでしょうか?「これやったら事故るよな」ってことが事前にイメージできてれば、大惨事にはならないはず。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160325-00000042-jnn-soci
スポンサーリンク

「誰か傷つけるかも」より「面倒くさいから」を優先してる時点で乗る資格無いと思う

最近、自転車のマナーが悪いせいで、どんどん自転車の規則の締め付けが強くなってます。

僕は、趣味でも自転車乗るので本当に我慢ならない。僕は極力、車道走ってますし、出会い頭や交差点ではスピード落として、頭出しもしてます。だって車だから。

自転車を「車」という認識で乗っている人が少なすぎる。こういうこというと、「そんなんいちいちやるの?」みたいなこという人いますが、「じゃあ乗るなよ」っていいたいです。

面倒くさいとかいっている時点で、乗る資格ねーわ。バーカ。

自転車だけなんですよね、こんなにみんなの認識がバラバラなのは。個人がルールになってる。

自転車の迷惑運転するだけで、仕事ができないやつと見られてしまう

だって、クソでしょ。こんなやつが、とてもお客さんの気持ちを考えられるとは到底思えない。

歩きタバコも、駆け込み乗車も、全部一緒。人の気持ちを考えられないのがスケて見えてしまうんです。

そんな大人が後輩や若い人に説教たれて、納得されると思います?

だから、もっと自分たちの行動を見直して行く必要があると思います。自分が正しいと思っていることも本当は間違いかもしれません。そうやって、疑問を常に持って生活することが僕は大切なんじゃないかなあと思います。

 

まあ、何はともあれ、面倒くさいとかいう人は自転車乗るのやめて下さいってことです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

元広告代理店マンでWeb集客とデータ分析が得意。ライター、ブロガー。音楽イベント団体「MUSICROWD」代表で、音楽を軸にした面白いイベントを展開中。歌ソロ活動してます。発達障害(ADD)(軽度)です。