今までの僕に伝えたいこと:其の1〜自分の気持ちだけは裏切ってはいけない〜

働き方、生き方
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

4年前といえば、僕がドラマーとしてプロのミュージシャンになろうと決意をグシャっと握りつぶして、全く別の方向へ進み始めた時。

自分の気持ちに反して4年もグダグダやっていた過去の自分に、ものすごく腹が立っています、言いたいことも山ほどあるんだ。

自分の気持ちを裏切り続けた4年間

man-556946_640

僕は、4年間ずっとなんだか悶々として、上手くいってないようなそんな状態でした。

あれもいいな、これもいいな、そんな感じでふらふら。集中して一個に決め切ることができませんでした。そんな状態だから、趣味も仕事も何やっても上手くいかなかった。でも、今になって思います。

「やっぱり自分の気持ちを裏切ってはいけないのだと。」

他人をごまかせても、自分はごまかせないんだ

person-409127_640

スポンサーリンク

そうやって、自分の気持ちを裏切り続けてきた結果、僕は社内失業をしてしまいました。

▼詳しくはこちら▼

新卒25歳が大手IT企業を1年で辞めて、フリーランスになるまで〜前編~
まさか、僕が新卒1年目でフリーランスになるなんて夢にも思いませんでした。なぜ、僕がせっかく新卒で入った会社を1年で退職してフリーランスなろうと決心したか。その過程を書いていきたいと思います。

もちろん、他にも要因はありました。しかし、心の不穏は確実に仕事のパフォーマンスに影響を与えていました。4年間で、自分の中のズレがどんどん大きくなって、たぶん限界だったんだと思います。

もう、この頃は自分の中でなんとも違和感がかなりあって、精神状態は到底良いとはいえませんでした。

それは、自分が望む生き方をしないで他人に合わせていたからだと想います。「他人になんか嫌われたくない」「ださいところなんて見られたくない」当時の僕はそう考えていました。

ごまかし続けても、いつか決断する時が必ずやってくる。

man-742578_640

ごまかしても、いつか必ず決断する日がやってきます。

それは突然、訪れました。

僕にとって、そのタイミングが社内失業でした。この時、僕は「このままだと本気でやばい」と思って目が冷めました。今までの自分を改めて、自分の本心と向き合うことにしたのです。

 

次回へ(※近日公開)

4年前の僕に伝えたいこと:其の2〜失敗するって思い込んでいるだけだよ〜へ続きます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】