ランサーズタスクで、1ヶ月いくら稼ぐことができるか検証【10日目】

働き方、生き方
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

いよいよ10日目でございます。

▼今までの検証記録はこちら▼


でも書いているとおり、現在仕事の合間を縫いながら、ランサーズにて1ヶ月でどのくらい稼げるかチャレンジしています。

さあさあ、ついに検証10日目。一体、いくらになっているのでしょうか…。

経過報告

無題3

ぜんぜん増えていない(爆笑)

伸びない原因

圧倒的に時間をランサーズに割けていないのが原因ですね。

どうやらランサーズには時間管理がものをいうらしい。

スポンサーリンク

現状、恥ずかしいことに執筆時間に3時間ほどしか時間を割けていません。

そしてその3時間で獲得した報酬が541円だから、時給に換算すると・・・

凹むのでやめておきましょう(笑)

改善方法

時間がかかる原因は、執筆の時間より、案件を探す時間だ。

案件はあるのですが、、

  • 1000文字で100円
  • 知識がゼロでインプットが必要

というジャンルの記事が多いのです。要は安い。

いやー楽して稼げないとはこのことか・・・

いかに優良な記事を探すか、いかにインプットを効率的にして記事にするかの二つのパターンで攻略するのがよいようだ。

次回は20日目でお届けするが、今度こそマシな数値をお見せしたい。

ランサーズでの可能性を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】