おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

独立する前はきまって「失敗してホームレスになったらどうしよう…」と怖くなるが、まずそんなことにならないので安心しましょう。

time 2015/11/14

独立する前はきまって「失敗してホームレスになったらどうしよう…」と怖くなるが、まずそんなことにならないので安心しましょう。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

挑戦しようとすると、必ず訪れる失敗の恐怖。

「失敗して一文なしになってホームレスになったらどうしよう」

こういう思いが、少しでもよぎった経験がある人もいるんじゃないですか?
「実際に失敗して本当にこんなことが起きるのか?」ということを改めて真剣に考えてみました。

ホームレスになるほどの窮地に追い込まれることはまずない

最初にいっておきますが、まずありません。
「家庭環境が複雑である」、「天災が起きて家がふっとんだ」みたいな例外的状況でない限り、まず起きないでしょう。

ここで考えたいのは、家がなくなるほど失敗をするのかということです。

どれだけ国や公庫から借金したねん!って話じゃないですか?
まず、普通の人間がそこまでの大金をやすやすと借りられません。

借りるまでに相当な苦労するはずです。その過程でお金の重みにも気がつくでしょうし、危険であれば勝手に察知します。「これはやすやすとつかえない…」と。

無謀な挑戦ができるほど、人間は強くない

「会社をやめて独立する」と奮起したものの、取り返しのつかない失敗をしてしまわないか不安でたまらない…

ここでいう無謀とは、取り返しのつかない今後の人生を揺るがすほどの大失敗のことです。
そんな失敗、ほとんどしないと思うんです。

つまり、これって自分がするはずもない失敗ばかり気にしてしまっている状態です。

無謀な失敗ができるほど、人間は強くないです。
無謀な失敗をする前に、普通なら一旦考えますから。

スポンサーリンク

例にあげましょう。

「会社もやめた、ノープランだけど、まず会社登記をしよう!事務所はやっぱり一等地の銀座、従業員は100人雇用しよう。事業内容は雇用しているのと平行で決めよう!」

こんなことやってたら、雇用が終わるまでに1000万円以上吹っ飛ぶ計算にはなります(笑)
こんな無謀、バカでもしないはずです。

「ホームレスになったらどうしよう」

という悩みは極論いってしまえば、上に書いたバカでもしない失敗と同じなんです。まず起こりえないんです。

もし、ホームレスになったとしても、それはおそらく別の理由のはずです。

「たくさんお金を持っている」のであれば、慎重になった方が良い

株とかFXとかにじゃんじゃん投資できるほどの金額を持っているのであれば、注意した方がよいかもしれません。

元手があるのが一番危ないからです。
お金があればあるほど、増えるのも早いですが、減るのも一瞬ですからね。たくさんの資金を持っていれば、使い道があるゆえ、選択肢の幅が広がり、規模も大きくなるし、失敗する可能性は増えるんです。

ただ、数十万円〜100万円くらいの貯金しかないのであれば、そこまで羽目を外す失敗はまず想像がつかないでしょう。

失敗が怖くて独立しようか悩むほど慎重なのに、大胆な失敗できますか?

独立しようか悩むほど慎重なあなたが、ヤミ金でお金借りたり、株にお金突っ込んだりすると思いますか?

失敗が怖くて会社辞められない!と悩んでいる時点で自分が恐れているほどの大きな失敗はしませんよ。

意外に自分自身って自分が考えている以上に、心強いものですよ。

悩むことを一回忘れて、自分を信じましょう。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]