おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

本当にやりたいことを見つけるために必要な3つのヒント

time 2015/06/23

本当にやりたいことを見つけるために必要な3つのヒント
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

やりたいことを見つけるのは、本当に大変です。

やりたいことが見つかっても「これは本当に自分がやりたいことなのか?」と疑ってしまうからです。

僕は、昔からいろんなことに興味を持つ方でやりたいことは昔からいっぱいある方でした。

そして、高校の時に友人のライブに魅せられて、音楽活動で食べていきたいと思うようになりました。しかし、僕はどこかでボタンを掛け違えてしまって、会社を辞めるまでの4年間、もやもやしたまま過ごすことになりました。

僕はその間自分と向き合って、自分のやりたいことを見つける方法を模索しました。

その時に分かった「やりたいことを見つけるヒント」について書いていきたいと思います。

1.今していることは「理想像」に直結することか?

もし、悩んでいるなら、これを考えるとスッと腹落ちするかもしれません。

今やっていることは自分が理想としていることから「近い」のか「遠い」のか?

理想とは、現在において、無理で非現実なものでも構わないのです。それは、自分の中にあれば全て正解です。

その理想を基準に物事を考えることはやりたいことを見つけるのに非常に有効な方法の一つといえるでしょう。

2.諦めることができないものか?

「あきらめたくない!」「忘れようとしても忘れられない」

他のことをやっていても、今していることが「自分のやりたいこと」と認識していても、自分の感情や情熱はごまかしきれません。自分の心に問いかけるのは本当にやりたいことを見つける上で有用な方法です。

こう問いかけましょう。

「本当に全力でやったか?今、スパっとあきらめられるのか?」

一番良くないのは、諦めきれないけれど、その目標や夢に向かって何も行動しないことです。

3.全ての制約をなくしたら、何もしたいか?

やりたいことに向けて挑戦する際には、「失敗」「手間」が頭によぎるのがつきものです。

これをとっぱらうには、「お金」「時間」「他人の目」を無視した上で「何をしたいか?」を考えてみましょう。

そうすれば、今まで出てこなかった突飛なアイデアがどんどんあふれでてきます。

最初はその突飛なアイデアに戸惑いますが、その突飛なアイデアはまぎれもなく自分のアイデアであり、真実の気持ちです。

決して、否定してはいけません。やる前から、実現可能性を否定してはいけません。

スポンサーリンク

やりたいことを見つけるには、とにかく自分と向き合うことが重要です。自分の本当の気持ちと向き合う勇気、そしてそれを諦めずに探し続ける勇気が必要なのです。

 

▼やりたいことを見つけるのにおすすめな書籍▼

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]