おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

「会社辞める理由」が明確じゃないといけないというのはただの幻想。

time 2016/08/03

「会社辞める理由」が明確じゃないといけないというのはただの幻想。
スポンサーリンク

「特に、これといって不満はないが、このままいるのも嫌だ。しかし、明確な会社辞める理由がないから、会社を辞められない。」…っていうのは、思い込みなんですよね。

僕は、前職で辞める時に、会社辞める理由がふわふわしているってことで、何度も却下されました。しかし、退職理由は辞める上で本当にどうでも良いのです。

大前提として納得してもらう必要はない

ものすごいドライに言えば、これから違う道を行く人と意見は分かれて当然です。

「今までアットホームにやっていたから、関係を壊したくない」と思うかもしれません。しかし、自分が辞めたいと思っているのに、その雰囲気にズルズル引っ張られる方が僕は良くないと思っています。

起業したい、世界一周したい…なんて、壮大な会社辞める理由の場合は、なおのこと賛成してくれる人は少ないと思います。

なぜなら、起業する人や世界一周する人の方が少数派だから。突飛なことにチャレンジする人ほど叩かれます。

僕も、新卒1年目で独立するから辞めたいと言ったから、周囲から反対されました。まあ、僕の場合は、それだけの理由でやめたわけではありませんが…。

もし、突飛なことをするのなら、当たり前の論理、ロジックには惑わされてはダメです。これからやろうとすることは、良い意味で非常識なことだからです。普通を疑わないといけないんです。

自分の中で明確であればOK、他人視点はどうでもよい

「明確にする」って行動がそもそも他人視点になっているんですよね。

スポンサーリンク

他人視点で、会社辞める理由を考え始めると、どんどん一般的になり、しまいには「あれ、やっぱり退職なんて間違っていたかも」なんて思い始めてしまいます。

他人は他人、自分は自分。自分の中で明確に「やめたいな」という思いがあればそれで良いのです。別に、会社辞める理由なんて用意する必要はない。

明確にしなきゃと思うから、変な方向に自分の思考が流れるのです。

どうしても辞めさせてくれないなら、ウソをつこう

「会社辞める理由を教えろ!」としつこかったら、適当にウソついてあしらっておきましょう。

そもそも、辞めさせない時点でブラックに近いので、まともに相手にする必要がありません。なるべく、論破されない理由を考えて、それらしいことをいっておきましょう。

「辞めさせてくれない=自分は間違っている」と結びつけてしまいますが。僕も、自分の会社辞める理由を論破された時、自分は間違っていると思ってしまいました。

そして、結局、僕の場合は辞めますという意志を伝えてから、半年以上も会社にいることになりました。(地獄でしたw)

http://orezinal.com/150073

しかし、今振り返れば、自分の意見を信じてもっと早く辞めておけばよかったと思っています。

だって会社辞めるかやめないかなんて、その人それぞれの人生の決断じゃないですか。本来は、他人にどうこういわれることじゃないんですよね。

まとめ

もし正社員で雇用されている場合は、何をいわれようといつ辞めても良い権利があります。これは法律で決まっています。

念のため、後からトラブルにならないよう、証拠が形として残る「内容証明郵便」で退職の意志を表明するのがベストです。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]