詳しい経歴

スポンサーリンク

経歴はこちら

~小学校3年まで

幼少期は、鹿児島、福岡、埼玉、東京と転勤を繰り返していました。

友達になってもすぐにグッバイだったので、友達何度作ったことか。

おかげさまで、新しい人と交流するのは得意になりましたが、関係性を継続するのは苦手でございます。

小学校3年~卒業まで

小学校を卒業するまで3年間いじめを受けました。

転校生ゆえの仕打ちです。しかし、このときのというマイナスの感情が今の僕の原点になっています。

この時の「こいつら許さない」というマイナスなエネルギーが、今の自分の「人に認められたい」「人を楽しませたい」という欲望を生んでいる気がしますね。

中学・高校時代

いじめから逃れるために、私立受験をしたものの、入った学校が鬼のように荒れていました。教師の間では「動物園学級」と揶揄されるほど。

中高一貫でまともに授業聞けたのは最初の半年で、残り5年半は授業崩壊をしていました。

授業中に監視の先生が3人つく、先生と生徒の喧嘩がおっ始まる、たばこ・お酒で同学年の停学者が一気に10人(同学年の全人数は100名ほどw)出るなどなど。

高校2年生の時に友人のライブに行ったのがきっかけで、ミュージシャン(ドラム)になりたいと強く思うようになりました。

音楽の専門学校に行くのはダメと言われたので、ひとまず大学に入学することにしました。

大学時代

大学時代は、とにかくバンドまみれの時代でした。

バイトで得たお金を全て練習と飲み代につぎ込んでいました。

高校の時の「バンドで食べていきたい」という気持ちはどんどん高まっていき、結局、音楽の専門学校に行くことを決意しました。

しかし、失敗するのを恐れて、Web関係の学部に変更届を出し入学。

意図せず、音楽とは無関係な方向へ進むことになりました。

専門学校時代

初めて起業家と呼ばれる人と出会って、「自分で事業を持ちながら某かの音楽活動をする」のが自分の理想と気がつきます。

あちこち顔を出すうちに、だまされてしまって借金70万円負う羽目に。

スポンサーリンク

本当に何をしたいのか悩んだ末に、起業の道に進むことを決意。就職もやめて、専門学校も中退してフリーランスへ。

フリーランス~挫折まで

とにかく迷走していた1年間で、何やっても上手くいかない時期でした。

組んでたバンドもやめてしまって、何をしたいんだかよく分からなくなってうつ状態に。

自分の経験とスキルの不足を感じて、IT企業へ就職します。

就職〜退職まで

就職したものの、なかなか上手くいきませんでした。

わずか入社7ヶ月目にして社内失業状態になりました。

この時、26歳、本気で人生の進路を考えさせられました。この頃は考えすぎて、慢性的に頭痛がしていました。

「将来、明確なビジョンは描けないけど、組織に属して働くことは望んでいない」ということに気がついて、退職。

ADDが発覚

精神的に参っていたこともあり、一度メンタルヘルスに受診をしてもらったら、ADD(注意欠陥障害)と診断されました(確定ではない。)

周りと自分の違いにモヤモヤしていたこと、何かいつもうまくいかない理由が分かって少しホッとしました。

フリーランス生活(2度目)

2015年

独立してすぐに、この「おれじなる」を立ち上げて、同時に「ユニラボ」というベンチャー企業でライターのアルバイトを始める。

平行して、様々な企業からライターの仕事を受注し、徐々に個人の仕事を増やしていました。

2016年

独立して9ヶ月目で個人の仕事だけで食べていける分の収入になったので、アルバイトを辞めて、完全なフリーランス生活に突入。

他の事業にも着手し、イベント、HP制作、ブログなどから収入が入るようになりました。

2017年

現在は、ライターを中心に、Web集客の専門家として活動しています。

今年は、「たくさんの面白いことを興していく」ことを目標に様々なことに首を突っ込みます!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。