「もし今心臓が止まったら明日はない」と思って生活すれば、1日を大切にして過ごすようになる

働き方、生き方
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

これは冗談抜きに思っています。

今日は、この「もし心臓が止まったら」論について書きます。

小心こそ、一日を充実させるエンジン

「そんなこといっていたら、キリないじゃん」

もちろん、これを四六時中考えていたらダメですが、心に留めておくぐらいであればよいでしょう。日常を当たり前って思うと、いざって時にどうしようもなくなります。

自分も「常に変化している」ことを留め覚えておく

「自分は変わっていない」って意固地になっても、紛れも無い事実。毎年、年齢は変わるし、日ごとに細胞は変わるし、脳細胞は死滅してくし。

変わることだらけなのです、自分も。

つまり、明日が来るとは限らない。「あ、今日で心臓くんの役目終りね」と急にリストラ宣言されることもあるのです。

大企業と一緒。つぶれないだろうと思っていても、それは100%じゃない。そして、必ず潰れるときは来るのです。

何が言いたかったといえば、絶望しろとかそんなことではなく、一日ぼけーと過ごしているその日は自分にとって一体どれだけ貴重なのかというのを伝えたかったのです。

一日過ぎたらもう戻ってきませんからね、その日は。一生懸命、毎日必死に生きましょ。

[no_toc]

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

フリーランスのWEBライター/編集者。学生時代にバイトを2回クビに、正社員で社内失業を経験。ほぼスキル・貯金ゼロの状態から25歳で独立。音楽イベント団体「MUSICROWD」の中の人。現在は、採用・地方創生を中心にBtoBメディアのライターとして活動。「自分らしい働き方ができる人を増やす」がモットー。新しい働き方LABコミュマネ。 発達障害の強みを活かし生きていく様子をブログで公開中。【海外料理/京都/ドラム/自転車】