おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

やりたいことを始めると、途端につまらなくなる現象に名前をつけたい

time 2016/11/14

やりたいことを始めると、途端につまらなくなる現象に名前をつけたい
スポンサーリンク

「やりたいことってなんだろう?」

「何故、やりたいことなのに行動できないのか?」

という悩みを、ほとんどの人が一度は抱えた事があると思いますが、実際にやりたいことを始めてみると、ぶつかるのが「やりたいことなのに意外とつまらない」という問題です。

僕は、この現象に「やりたいこと美化ギャップ現象」と名付けてみました。(ネーミングセンスないですねw)

やりたいことは「妄想している時」が一番楽しかったりする

やりたいことって、アイデア出しの時が一番楽しいんですよね。

うおーやってみたい!!っていう瞬間ですね。

しかし、そのアイデアを形にするのは、実は死ぬほど地道で退屈だったりします。

僕は、音楽活動に向けて作曲をしているのですが、正直、まだそこまで作曲のスキルが高くないので、あまりオモシロイと感じたことがないです。

どちらかといえば、苦痛です。地道で途中で飽きちゃう。

しかし、そのままにしていても前には進めないので、やるしかないのでやってはいますが。

結局、やりたいことって、実際に挑戦する前の準備している段階や、「こんなことやりたい」「あんなことやりたい」と想像している時が一番楽しいんじゃなかろうかと思います。

もちろん、そのアイデアを形にして大成功を収めることほど、楽しくて幸せな時はないのは当たり前ですが、頭の中の空想は無限大でいつでもどこでもできます。

そのため、【やりたいこと=楽しいことという図式がいつの間にかでき上がってしまうんだろうなと思っています。

形にするまでは、やりたいことであっても面白くない時が多い

ブログ書くのも、曲を作るのもそうなのですが、何かをゼロから生み出すのはしんどいです。

正確にいえば、楽しいときもあるけれど、半分くらいしんどいときもあると言う感じです。

最終的に自分の理想が形になって何かしらの成果が出て、ようやく楽しさのバロメーターがそこでプラマイゼロもしくはちょいプラになる感じ。

いきなり、楽しさの頂点になるというのは、たとえやりたいことであっても難しいと僕は思っています。

ある程度は、苦痛を伴いますよね。

スポンサーリンク

やりたいことを始める前に準備しすぎると、期待値が高くなり過ぎる

やりたいことをするために、「今これを準備しよう」、「このスキルをつけよう」と準備をしすぎるから、「やりたいこと=楽しいこと」といった変な期待値が生まれてしまうんだろうなと思っています。

やりたいことを寝かせすぎると、どんどん美化していきます。

だから、やりたいことがあるのなら、「今すぐやる」方が絶対に良いです。

その方が、本当に自分のやりたいことを知れるし、やりたいこと=楽しいことという変な思い込みにもとらわれずにすむんじゃないでしょうか。

 

 

ところで、最近僕は効率化や思考整理を徹底して、なるべく早く仕事をこなすことを意識しています。

自分で色々取り組んできたのですが、ちょっと限界を感じ、

を買おうかと画策中。仕事のスピード上げたい…。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]