おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

自分の体よりも「社内の人間関係」を優先して、残業する必要なんてない。

time 2016/10/21

自分の体よりも「社内の人間関係」を優先して、残業する必要なんてない。
スポンサーリンク

電通の過労死問題が、ニュースで話題になっていますね。

残業100時間って…。恐ろしいですね。こんなに働いてたら本当に病気になっちゃいますよ。。

もちろん、これは氷山の一角で多くの企業で起こっていることだと思います。

特に問題なのは、残業より「会社に夜遅くまで縛り付ける」ってところですよね。

今時、夜遅くまで会社に縛り付けるのは、時代遅れです。

「残業は当たり前」という感覚は絶対におかしい

「残業なんてない方が良いに決まっている!」

こういう意見の反論として、

  • 昔は、みんな遅くまで残業した
  • 残業しなかったら誰が仕事をするんだ

という言葉をよく聞きます。

昔は、よく知りませんが、まず断言できるのは今の時代に残業なんて言葉は時代遅れということです。

技術発展により、生活は便利になっているのに、そもそも僕らの労働時間が昔と比べて同じ時間だったら、ちょっとおかしいと思いませんか?

機械化、自動化して減っていくはずなのに。

「昔もそうだから今も当然」はもう通用しないのです。

残業をさせるにしても、別に会社に居残らせる必要はないですよね。在宅勤務、リモートワークにするなど、工夫の仕方はあるはずです。

そして、「残業しなかったら誰が仕事をするんだ」ということですが、誰もやらなければよいのでは?と思います。

過激な言い方をすれば、そんな組織は淘汰された方が良いんじゃないかなと思います。

たとえその会社が、大きな売上をたてていて社会的に価値を生み出していたとしても、裏側で精神的に病みまともに働けなくなってしまった人を増やしていては、それは害悪な存在でしかありません。

「残業は当たり前」という風土は、一組織の常識に過ぎない

というわけで、もし「残業が多く」「自宅で仕事」させてもらえないなら、一度立ち止まって考えて見た方がよいかもしれません。

「楽しければ良いんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、そもそも定時(=定められた時間)に仕事が終わらないことが常態化していること自体が大問題です。

そんな問題を放置している組織にいては、時代遅れの常識が染み付いてしまいます。

僕も、前職時代はかなり残業の多い職場でした。

自分もみんなも残業をたくさんしているから、世間一般の感覚からどんどん隔絶されて麻痺していたのが今振り返れば分かります。

このインタビューも、それをよく表しています。

けれど、「残業は当たり前」なんていうのは、一組織の常識でしかないんです。

多様な働き方ができる時代だから、一箇所にとどまる必要はない

今は、恵まれた時代で働き方が多様化しています。

何も、正社員にこだわる必要がなくなったのです。

有名なところだと、リクルートの在宅勤務制度の開始、みずほフィナンシャルグループでの時短勤務&在宅勤務ですね。

大手も次々に、在宅勤務の流れに入ってきています。

スポンサーリンク

また、多くの地方自治体では、予算を投下して起業家・フリーランスが働きやすい環境を整備し(=移住者を増やす)地域活性を行なっています。たとえば、家賃補助とか既存物件の提供など。

有名なのは、徳島県美波町、宮崎県日南市、鹿児島県の奄美大島など。他にもたくさんあります。

また、自分の仕事をもっていなくても、地方移住は当たり前になりつつあり、有名なところだと「地域おこし協力隊」ですね。

あとは、移住したい地域で農業の仕事を探すなど。こういったサイトもあります。

色んな働き方をかけ合わせて、自分に合った働き方をしよう。

会社にいると、出勤→退勤という単純な動きしかしないから、とても複数の仕事を掛け持って行うというイメージがなかなか湧きません。

僕も、独立するまでは本当にイメージができませんでした。しかし、今はなんだかんだ7、8個の細かい仕事をこなせています。

1つ2~3万円の仕事って考えれば、まあ掛け持ちできるかなと思えますよね?

そういう要領で、例えば「在宅×農業」「バイト×地域おこし協力隊」「独立×事業承継」など複数の要素をかけ合わせていけば、様々な選択肢が作れます。

今や在宅でできる仕事(いわゆるクラウドソーシング)は、想像できないほどたくさんのサービスが出ていて、腐るほど仕事があります。

初心者からでも取り組める仕事なら、「クラウドワークス」「ランサーズ」「サグーライティング」、

物を売る系なら、「メルカリ」「ヤフオク」「Amazonマーケットプレイス」、

アルバイト求人サイトでも、「ジョブセンス」「an」「バイトルあたりであれば在宅バイトを扱っています。

ひとつ突き詰めて稼ぐというのはなかなか厳しいですが、組合わせれば、チリツモで食っていけるだけの収入にはなると思います。

ましてや、地方に移住すれば数万円の貯金ができるくらいの余裕は出そうです。

 

結局、残業をしてしまうのはなぜかと突き詰めて考えれば、一度でも「残業をしたくないです、私は帰ります」と逆らえれば、会社にいられなくなって生活できなくなるという焦燥感があるからだと思います。

僕も、前職で残業が多いときはそうでした。

残業が多いのが当たり前と言い聞かせていました。

ただ、上にも書いた通り、やる気次第で生活なんてどうとでもなるほどに、たくさんサービスがあるのです。

もし、残業で悩んでいるのなら、ぜひ、外に目を向けてまだ可能性のある選択肢を見てみると良いと思います。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]