おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

会社に行きたくないのは、労働欲がないわけじゃない。今の環境が悪いだけ

time 2016/08/23

会社に行きたくないのは、労働欲がないわけじゃない。今の環境が悪いだけ
スポンサーリンク

僕が、社内失業して失意の中で思っていたこと。

社内失業までして、会社に行きたくないってのは、本当に一人の社会人として最低だなと自分を責めていました。自分には「働きたい」という欲望がないのかなとまで考え込んでいました。

しかし、辞めてみて分かったのですが、それは幻想でした。

「根本的に働きたくない」なら、おそらく就職してないはず

そもそも、根本的に働きたくないなら、おそらく就職さえしてなかったんじゃないかなと思います。

「会社に行きたくない」という考えになったのは、自分が前職務めていた会社に合わなかっただけで。

前職の仕事は、僕に本当に向いてませんでした。

今、フリーランスのライターとして、自分に向いている仕事をやってみて分かりましたが、明らかに違います。よく、今まで向いていない仕事を続けられたなと思えるほどです。

会社に行きたくないのはわがままじゃない、まずは今の環境を疑おう

僕は、社内失業という判断を下されても、なお休むことには抵抗がありました。辞めるのはもってのほか。

休んでしまったら、自分は本当にくそな人間になる。

そんな風に、自分のいる環境を根本から疑うということをしませんでした。いや、むしろ疑っていたのでしょうが、見て見ぬふりをしていたような気がします。

しかし、状況は変わらず、僕は結局、会社をやめてフリーになりました。

やはり、外に出て思ったことが、環境がダメだったんだなあと。

今、振り返っても後の祭りですが、よく考えればおかしなことばかりだったなと色々思い出します。

しかし、これは中にいる時には、なかなか気付けないんですよね。

僕は、いろいろな外部の人の話を聞き、サイト、ブログを見て、本来の自分の気持ちと向き合うことができて、そこから自分が今いる環境を見つめ直すようになりました。

外を見れば、自分が生きていく選択肢は無数にある

僕は、フリーランスになってから、無数に選択肢があることを知りました。

世の中には、いろいろな生き方があります。自分が予想だにしない生き方をしている人もいて、あの時、一つの組織の中でうーっと考えていたのが、とてもちっぽけでアホらしいことだったなと思います。

今は、多様化している働き方に、前向きな意見が増えつつあります。

例えば、リクルートの在宅業務可が記憶に新しいですね。

いきなり、独立をするというのは、まだまだ突飛な考えに含まれますが、バイト、インターン、派遣、就農あたりはかなりメジャーになりつつあります。

あとは、「地域おこし協力隊」で地域活性に貢献するのもアリですね。

複業(複数の労働形態を組み合わせる)という考え方がありますが、「バイト+個人事業」、「派遣+バイト」みたいな感じで、自分なりの働き方を探るのもありです。

スポンサーリンク

今は求人サイトも無数にありますが、「リクナビNEXT」や、またITやWeb関連なら「ワークポート」「レバテックキャリア」あたりがおすすめですね。

在宅ワークを探すなら、「サグー」「ジョブセンス」あたり。特に、ジョブセンスは僕も独立したての時は、在宅バイト探しに使ってました。

 

あとだいぶ視点が違いますが、隠居生活などもありです。

執筆者である大原さんは、東京で隠居生活しています。働くのは、たったの週二回。

これはちょっと上級者レベルですが(笑)疲れたら実践してみるのもアリ。

 

とダーッと紹介しましたが、ここに書いただけでも、生き方には様々な種類があります。

「特殊な生き方をしている人って、すごい人ばかりなのでは…」と僕も会社を辞めるまでは思っていました。

しかし、こういう人のインタビューでエピソードを見ると、本当に僕らと変わらない。

ただ、一つだけ違うのは、結局、いち早く勇気のある一歩を踏み出せるかどうか、なのです。

結局は、踏み出さないと変わらないのです。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]