【ノマドワーカー必見】自宅で集中して仕事をする上で必要なポイント4つ

スポンサーリンク

このブログも自宅で書いております。

今日は体調が悪く、しかも猛暑の日なので外出せずにのんびり仕事をしようかと。

自宅で集中して仕事するのはなかなか難しい

これ、個人差があるのですかね?自宅で集中して仕事するのって難しくないですか?

僕にとっては、自宅で集中して仕事をするのがウルトラC級並みに難しいです。何度かずっと自宅で仕事ができないか挑戦した時期もあります。

在宅ワークの生活を2年続けて分かったメリット・デメリットって?
Web集客の専門家、俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 ...

しかし、結局はネットサーフィンやYouTubeを見続けてしまっていつも自己嫌悪に陥っていました。がしかし!ようやく自宅でも集中して仕事をできるコツを見つけました。

今日はそのポイントを4つほど紹介します。

自宅で集中して仕事をする上で必要なポイント4つ

1.外に出かける格好に着替える

そもそも、自室でダラダラとしてしまうのは、オンオフの切り替えがないからだと気が付きました。なので、よそ行きの格好に着替えてから仕事を始めるようにしました。すると、パリッと仕事モードに切り替わって集中ができるようになりました。

服装を変えるのは意外に効果がありますね。これ騙されたと思ってやってみてください!

2.仕事をする前に一日の予定を立てる

仕事を始める前には、いの一番にその日のやるべきことを洗い出してスケジュールを組むという事をするのですが、どうしても自宅だとナアナアになってしまい…。

しかし、ここも外で仕事をする時と同様に一日の予定を立てるようにしました。

自宅にいると、妙な「時間があるから大丈夫」という錯覚に陥るんですよね。確かに通勤や徒歩の時間は省けますから。だから、その分脳が無意識にさぼろうとするのです。(脳は本当に優秀です)

嫌なことを後回しにすることは悪いことではなく、実は「適切に」時間を使っているだけ
自分が前から問題にしてるのが、「嫌なこと」を後回しにしてしまう癖。 帰り道...

しかし、一日の始めに予定を立てることで、「そんなに余裕はこけない」という切迫感を自身に与えることができて、それを予防することができます。

3.息抜きにYouTubeを見る場合は、同時に作業BGMをかけておく

僕は、何も音がしていない静かな環境が本当にダメ。なので、さみしさからいつもYouTubeを開いてしまい、惰性でおすすめやら人気動画などをクリックしてしまい、動画ループ地獄にはまってしまうわけなのですが。

ループしてしまう原因は、動画のタブを閉じて「さあやろう!」となると、一気に部屋の音が静かになるから。

その静寂さが怖くて僕はYouTubeの動画を見ることをやめられなかったのですが、同時に別タブで作業BGMを開いておくと、キリの良いところで動画を見るのを止めることができます。それは、動画を見ることをやめても、音がなっているから。

静かな環境が苦手な人にはかなり有効な方法かと。

4.机にひげ剃りや爪切りを置かない

極力、仕事から離脱させる可能性のあるものは机の上に置かないことが大切です。

特に、男性ではひげを触る癖がある人が多いと思うのですが、そうするとひげが生えているのが気になって、近くにひげ剃りがあると無意識にそりはじめてしまうのです。

これは爪切りも一緒。近くに、こういった手入れをするグッズを置かないこと。

やっぱり、このくそ暑い時期には、自宅でゆっくりと仕事するのが良いです。移動やらで汗を書かなくてすみますからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
よく読まれている記事はこちら