おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

予想以上に大変なブログ運営、1年以上書き続けても時給670円。

time 2016/07/04

予想以上に大変なブログ運営、1年以上書き続けても時給670円。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

ブログを1年以上続けたら、ブログで月10万円以上の収益を得ている人もいますが、僕は才能がない凡人なので1年やそこらでは結果が出せないとわかっていました。

しかし、1年経ってもここまで厳しい状況だとは思ってもみなかった。。

「ブロガー」は一見ラクなようで、実際はガチガチの実力社会

ブロガーと聞くと、カフェとかで優雅にクロワッサンとコーヒーでも食べながら記事を書き、あとはゆったりと一日を送っているという印象があると思いますが、これは軌道に乗ってからの話。

ほとんどの人が軌道に乗らぬ前に、リタイヤしていきます。

ブログを書き始めると、リタイアした人が残したブログの残骸があちこちに物悲しげに放置されているのを見ることでしょう。

http://www.soukyokusei.com/entry/2016/05/05/200717

ブロガー界では「尊師」と良くも悪くも崇めたてられているイケダハヤト氏でさえも、98%がブログ界から脱落すると豪語。

いや、その通りですね。それは、僕が今までブログにトータルで500時間以上費やして、それでも稼げた金額は5万円程度だから。

時給にするといくらになるかって??えっと、えっと、、、あれっ90円(^^;)

モチベーションが「収入」では、ブログを継続的に書くことは不可能

たまにですが、僕のブログを見てくれている知り合いから「収入の柱の一つとしてブログを始めたい」といわれることがあります。

しかし、だいたいこういった場合、長続きしない可能性が高いです。

なぜなら、お金のモチベーションだけでは続かないから。

僕は、ADD(注意欠陥障害)のことを知ってもらいたい、そして僕と同じような境遇の人に勇気を与えたいという想いでこのブログを更新をしているので、収入がずっと出なくても苦にはなりません。(もちろん、収入が多い方が嬉しいですが)

「ラクをして稼ぎたいからブログを始める」ならやめたほうが良い

この理由で始める人も多いのではないでしょうか?

短期間でブログで収入を得るには、それなりのITリテラシーと執筆能力、そしてひらめき(才能)がなければ難しいです。僕は、1年間書き続けてそれを痛感しました。

ブログをずっと書いて思いましたが、毎日書くのって本当にしんどいのです。スポーツと似てて気合いが大切。体育会系のマインドなのです。具合が悪くても眠くても疲れていても、とにかく書くのです。

http://orezinal.com/160394

しかも、ブログは「書く」という工程だけじゃないです。他にもやることがたっくさん。僕の場合は以下。

トップのブロガーであれば、これ以上。(とても追いつかない)

  • 毎日、30~40個ほどのブログ・メディアで情報収集
  • ブログだけでなく、毎日TwitterとFacebookでも情報発信
  • 過去記事をメンテナンス(4~7回ほど)
  • お店で食べるときは必ず写真を撮る

これだけやって稼げていない僕の効率の悪さとかそういう部分はおいといて。とりあえず、ブログ運営はちゃんとやろうと思ったら簡単ではないということです。

スポンサーリンク

まとめ

ブログが大変という話ばかりでしたが、それは短期的にブログで収入を得ようという場合。

ブログをする目的があって気長にコツコツと続けたい方にはおすすめ。

ブログ運営は自分のメディアを持つと同義、きちんとものにしていけば、その有用性やたるや計り知れません。

 

ブログ運営を本気でやりたい方は、こちらなんかがおすすめですよ。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]