【ブログ論】1年間ブログを続けると、何回バズる波は来るのか?

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

ようやく、少しずつブログで影響力というものを持てるようになってきました。

改めて1年間を振り返って一体、何度ほど僕のブログがバズった(アクセスが爆発的に増えたか)かを整理してみました。これからブログを書く人などには特に見てもらいたい記事です!

<1回目>有名ブロガーの方にブログを取り上げてもらった

最高値:943PV/日

これが僕が最初に「バズ」というものに出会った時。

まあ、これは自然発生的なものというよりは、お世話になっていたのでおこぼれ的に取り上げてもらいました。この時、僕のブログは400PV/日くらいの時でしたので、倍近くアクセスが上がって嬉しかったです。

▼その時の記事がコチラ▼

http://jmatsuzaki.com/archives/16764

<2回目>音楽記事が「リツイートプチ祭り状態」に

最高値:816PV/日

他の人のツイートが連鎖的に拡散されたのもあわせて、大体30~40リツイート、いいねが100個以上つきました。

この時は、こおろぎさんやTuneCore Japanシェアいただけたのが大きかったです。Twitter経由で記事への流入が一気に来ました。

▼その時の記事がコチラ▼

バンドマン向けWebサービス11選。機械オンチはもう取り残されるよね
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 人工頭脳(AI)や仮想空間(VR)といった映画「マトリックス...

<3回目>急上昇ワードで3日間確変モードに

最高値:7,513PV/日

これはつい最近起きた出来事です。

当ブログのテーマ、ADDが急上昇ワードに2位に入ってアクセス数が半端ないことになりました。

原因を調べてみたら、栗原類さんがADDに関する書籍を出版されるとのことでそれが各大手ニュースメディアで報道された模様。リアルタイム値(現在、サイトに滞在している人数)が108人になり、パニックになってしまい仕事が手につきませんでした(笑)

スポンサーリンク

その次の日にはアサイチに出演されていたので、3日間くらい、お祭り騒ぎ状態でした…。

こんなこともあるんだなと。

▼その時の記事がコチラ▼

ADDってどんな障害?当事者が症状と診断に至るまでの経緯をまとめました【体験談】
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 僕は、2015年にADD(注意欠陥障害)の軽度と診断されまし...

1年間運営しても期待以上にアクセスは伸びない

僕の場合は全部で3回でした。

正直、もっとすごい人は3ヶ月くらいでデカイ波が来て、すぐに30万PV/月くらいになって巨大ブログの仲間入りを果たす人もいますが、正直、現実的ではないです。

僕のような4万PV/月規模のブログの事例が生々しくて良いんじゃないかなと思っております。

1年続けても、波はたったの3回です。

これをたったと捉えるか、多いと捉えるかは個人差があると思いますが、僕は正直、ブログを1年間書いたらもっとたくさん拡散されて、そして誹謗中傷のコメントがたくさん来て、もしかしたら炎上しちゃうんじゃねとか思っていました。

しかし、そんなのは勘違いだということに気が付きました。

まず、ないです(笑)

全然知らない個人のツイートがアホほど拡散されているのをみると、自分もいけるんじゃないかと思ってしまいがちですが、その人はそこに至るまでに自分が面白いと思ったことを人の何万倍も腐るほど発信しているはずです。たぶん、100回目はくだらない。

何が言いたいかといえば、あんまりアクセス数に躍起にならずに、好きにのんびり書けばいいんじゃないということ。

あんまり、周囲の目気にし過ぎると、内容つまらんくなりますし。

だからといって、日記みたいな誰も得しないのはダメダメです。ブログの書き方のコツが分からないーって方は、下記の記事を参考にどうぞ。

僕がブログを書いて学んだコツをふんだんに盛り込んだ渾身の記事です。

ブログを運営する上で僕が日頃気をつけているポイント40コ<前編>
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 いよいよ、このブログも運営開始から1年が経とうとしています。...
ブログを運営する上で僕が日頃気をつけているポイント40コ<後編>
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 昨日更新した「ブログを運営する上で僕が日頃気をつけているポイ...
スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
よく読まれている記事はこちら