【熱中したい人向け】考えこまずに、気になったら即実行!を習慣に

child-927213_960_720
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

「熱中したいと思えるものがない」、「やりたいことが見つからない」

実は「見つからない」と悩んでいること自体がその悩みを増幅させています。

悩めば悩むほど、どんどん行動の足を踏み出す時間が遅くなるからです。

メモも立派な「アクション」のうちの一つです。

このささいな行動の一歩を踏み出し続けられる人が「マメ」と呼ばれるのです。

熱中したいと思えるものは、実は周囲に転がってます。ただ、拾ってないだけ。拾うかどうかです。

たぶん、無意識に捨てちゃってるんです、特に自信がないと。

僕は、「夢中で楽しそうな人」と一緒に時を過ごすことで、自信を持てるようになりました。

4~5人の社長・経営者にお世話になって、エネルギーというかスピリッツを分けていただきました。

「人」と「環境」いかんで、熱中したいものがなくなるなんてことは全然あります。

とはいえ、熱中したいって気持ちって自分の心の問題なので、心が疲れているとそもそも熱中する余地がありません。

極度のストレスにさらされているような環境にいるなら、そりゃ熱中したいと思えるものなんて見つかりません。

▼関連記事はこちら▼

情熱を持てない仕事をやめるから、「やりたいこと」が見えてくる
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 たまに進路相談的な話...

以前の僕がそうだったのですが、まずは「必要以上に負荷がかかる環境」から脱しないといけません。

負荷は成長をもたらしてくれるかもしれませんが、限度を超えれば「無茶」であり、ストレスしか生みません。

「負荷をかける」と「無茶をする」の違いってどこにあるのだろう
電通の過労死の件、衝撃的だったのか、ずっとニュースで取り上げられていますね。 ...

まずは、そういう環境から脱することが大切。人間、嫌なことと好きなこと、相反することを同時にはできないのですよ。脳は賢いんです。

決断の時は感覚を頼りにする。あなたが思っている以上に脳は賢い。
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 なかなかチャレンジし...

▼おすすめ書籍▼

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール