おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

何故おじさんの説教はうっとおしいのか?改めて考えてみた

time 2016/06/02

何故おじさんの説教はうっとおしいのか?改めて考えてみた
スポンサーリンク

経験則や年齢を振りかざして、上から目線で説教たれるおじさんって本当にメンドくさいです…。

僕もネット・リアル問わず、たまにからまれるのですが、本気でうっとおしいです。

なんでこんなにもうざいのか、改めて考えてみました。

年齢・経験があるからと、上から目線でくるからうざい

おじさんの説教で最もうっとおしい原因の一番は、これなのではないでしょうか?

経験、年齢で上からで話してこられるのは非常にうっとおしい。

決めつけ、否定、これにこじれたプライドが相まって、痛い限りです。

「いやいやいや、あなたのこだわり聞いとらんし!!」となりますね。

自分がリスペクトしている人ならすすんで聞きますが、知らんどうでもいいジジイのこだわりには興味ないっすよ、本当!

自分の時代に当てはめて考えるのがうざい

今の時代を考慮して話せる人なら良いんですが、「君と同じころの自分」を基準にするやつ!まじでうっとうしい。

だいたい、何年前ですか、おじさん?という話。

刻々と時代は変わってますし、人によっても状況は違います。

一概にこう!とは言い切れない。それを、断言して押し付けるのは違うかと。

悩んでもないのに、勝手にアドバイスしてくるのがうざい

聞いて欲しいと一言もいってないのに、「結局。何にがしたいの?」と、いきなり距離つめてくる感じ。

まあ、仲のよい人なら構わないのですが、お前誰だよ的な人から言われても話す義理もない。

だいたいそういうやつに限って、論破し相手を圧倒するのが正義だと思ってるんですよね。

善意と思ってやってるから余計にタチが悪い。

スポンサーリンク

すごい人だろうと、スタンス次第で聞く気が失せる

総合的におじさんの説教のうざさを考えてみたら、どうやら問題は「スタンス・姿勢」みたいです。

経験や年齢の差がある場合は、人として最低限、敬意を払うことは大切です。

しかし、個人的には会話の中で上下関係を作るのは、無意味だと思ってるんですよね。

会話の上では、年齢、経験を持ち出すのっておごりだと思うんです。

対等だから会話が成り立つんです。上下関係が会話で生まれてしまったら、それは指導調教ですよ。

年齢、経験の浅いものが立場上不利になる。そんなのおかしいじゃないですか。

特に、組織内では、こういったことが当たり前のように起こります。

誰かに相談しても「上司や先輩の言うことの方が正しいんじゃない?」という一般論しか返ってきませんし。

そんな状況で、理不尽な要求や詰め方を真に受けて我慢してませんか?

「ん?なんか違うよな??納得出来ないな…」

そう思ってるなら、そのあなたの感情を信じましょう。それが正解ですから。

「経験や年齢がある人の言うことの方が正しい」という時代はもう終焉を迎えてます。

今はインターネットで情報は簡単に手に入るし、IT化が進んでいて工程を簡略化できますし。

「なんか違和感がある…しかし、本当に自分の感覚は正しいのか??誰かに聞いて欲しい…」そんな方に。

ただ今、絶賛無料で「将来の不安」「ADD等の悩み」の相談を受付中です。

ぜひ、こちらからお気軽にどうぞ。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]