おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

Quick Adsenseで広告コードが文字化けした時の対処法

time 2016/05/29

Quick Adsenseで広告コードが文字化けした時の対処法
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕はデザインテーマで、Simplicityを使っているのですが、Quick Adsenseとのが合わないのか広告コードに入力した文字がバグってしまいました。

▼Quick Adsenseって?という方はこちら▼

http://orezinal.com/160424

「スポンサーリンク」の文字のコードを入力した瞬間にバグ発生…。

色々とネットで対処法を調べていたら何とか解決できたので、僕が実際にやってみた方法を以下で紹介したいと思います。

Quick Adsenseで文字化けした時の対処法

スクリーンショット 2016-05-30 19.43.08

まず、[プラグイン]からQuick Adsenseの項目の[編集]をクリックします。

スポンサーリンク

 

スクリーンショット 2016-05-30 19.44.45

quick-adsense/quick-adsense-admin.phpに移動します。

※phpファイルを編集するので、バックアップは取っておいたほうがよいです。

修正箇所①

$cod =(get_option(‘AdsCode’.$i)); 

をCtrl+F(検索)で探し、以下のコードに書き換えましょう。

修正箇所②

$cod = htmlentities(get_option(‘WidCode’.$i)); 

をCtrl+F(検索)で探し、以下のコードに書き換えましょう。

 

これで保存すれば修正完了です。

これでQuick Adsenseに「スポンサーリンク」等、日本語を入力してもバグが発生しなくなります。

▼Quick Adsenseのプラグインの使い方はこちら▼

http://orezinal.com/160424

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]