おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

自信がない人への「仕事を楽しくする努力しろ」というアドバイスはなかなか酷な気がする

time 2016/05/15

自信がない人への「仕事を楽しくする努力しろ」というアドバイスはなかなか酷な気がする
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

そもそも、仕事を楽しくするには「絶対に楽しめる!」って根拠なき自信がある程度ないといけないと思っています。ある程度、自信家じゃないと難しい気がする…。

 自分に自信を持てないと、他に目を向ける余裕も持てない

「自分には楽しめる能力がない」と「どうせ無理」とハナから思いかかっていると、難しいです。結局は、自信の問題で、自分に自信が持てない状態だと、他に目を向ける余裕が生まれないのです。

自分との約束を守り続けて、自分に対する自信を取り戻す

僕は、ブログを書き続けるという些細な約束事を守り続けたことが転機で、自分自身に本当に自信を持てるようになりました。

http://orezinal.com/150233

些細な事をコツコツと続けることは本当に大切。

あと、実は環境を大切で、やっぱり自信がない人ばかりいるところにいてはダメ。 どんどん、ネガティブにひっぱられるので、常に前向きな無邪気な人のそばにいたほうが良いです。

http://orezinal.com/160323

向いてないとハナからあきらめずに、とりあえずやってみる

スポンサーリンク

向いてないかどうかは「思い込み」かもしれないので、まずやってみることが肝心。
しかし、やめるタイミングは「あ、これ自分無理だわ」と悟った時点でやめてOK。判断にはそんな長い時間かけちゃもったいないですからね。

 

▼自信の作り方でおすすめの書籍▼

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]