おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

もう諦めよう。人にダサい部分は絶対に見せないというスタンスは辛いだけ。

time 2016/04/27

もう諦めよう。人にダサい部分は絶対に見せないというスタンスは辛いだけ。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

本当に「無知」とか「失敗」って恥ずかしいですよね。ダサいから。

しかし、新しいことをする時、自分だけではどうしようもできない時、人に頼る弱い部分を見せないといけないのです。

【人に迷惑をかける=人に頼る】と頭で変換しよう

行動をする時には、必ず裏側に他人の力が潜んでいます。

髪が伸びたら美容師が切ってくれて、 ファミレスにいけば店員さんが注文を取り、そして厨房で調理をしてくれる。

お金がそこに介在しているから気が付きにくいのですが、実は日頃から人に助けられて生活が成り立っているのです。接客とか仕事を「迷惑」と呼ぶのはちょっと違う感じするけれど、しかしつまるところ、面倒なことを代行するのが仕事の基本。

要は、我々は日頃から人に「迷惑をかけること」を習慣にしているのです。

なのに、かしこまったように「人に迷惑をかけたくない」

…って、「日頃から、あなたやっているでしょ」って話なんです。

「人に嫌われたくない」という思考は実は自分先行である

「人に嫌われたくない」って自分に矢印が向いている状態なんです。

つまり、自分のことをしか考えられていない状態。 しかし、冷静に考えてみたら、他人はあなたが「迷惑」と思っていることは屁とも思っていないことが多いのです。 先日、記事にも書いたとおり、大概は自分の思い過ごしだったりするものです。

http://orezinal.com/160378

特に新しいことは人の力を借りないと何もできない

このことに気がついたのは自転車用品を買った時。

実は、 自転車に乗っているんですが、まだウェアやサングラスなどまともに自転車に必要なものが揃っていなかったので、グッズを買いに行ったのです。

ある程度、ネットや友達にいろいろ聞いて買う物はメモしたものの、選ぶ基準が分からないんですね。

GWに自転車で富士山に行く予定なので、これはうだうだしてられないということで、店員さんに全てコーディネートしてもらいました。

正直、年齢重ねていくと分からないことが恥ずかしくなってくるのです。

最初はそうだったのですが、もう全部聞いちゃえということで、しつこいくらいに質問攻めして、妥協することなくグッズを選びました。そしたら、丁寧に教えてくれました。

もし、知ったかしてグッズを選んでいたら、おそらくロクでもないものを選んでいた気がします。特に、新しいことや知らないことは誰かの手を借りないと、何も進まないのです。ネットでは知れることは限られています。

「人に迷惑をかける→人に頼る」と。

さあ、さあ、脳内変換!!!

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]