おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

【現実】1日1記事は苦行。それを1年乗り越えても稼げる額はわずか数千円

time 2016/04/25

【現実】1日1記事は苦行。それを1年乗り越えても稼げる額はわずか数千円
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

すいません、過去に僕はとんでもないことをいってました。

ブログの更新頻度は上げよう。たくさん発信しないと伝わらないからね

この、前提は土台鬼畜でした。
1年書いてみて、1日1記事がいかに辛いか、今日はそのリアリティーをお届けします。

毎日1記事は借金返済と一緒

我ながら良い例えだ(笑)
ブログを書けなければ、どんどん次の日に書けなかった分が蓄積していく。
もちろん、自分との約束なので、守っても守んなくても良いんですけどね。

しかし、50記事とか100記事続くと、どんどん止めにくくなってきます。
少しでも執筆ペースを崩すと、最初のペースを取り戻すのに精一杯になる。

1記事さぼれば次の日に積み上がって、次の日もさぼればさらに積み上がって…という悪循環になります。

これだけ書いても月10万円は夢のまた夢

多くアクセスを叩き出しているブロガーは、1日1記事を書くことがもはや当たり前。

スポンサーリンク

ブログだけでご飯を食べているプロブロガーのイケダハヤト氏でも、1日5〜6記事書いてますからね、もはや、化け物ですw

ちなみに、僕はもうすぐで総記事数が400なのですが、それでもブログから得られてる収入は現在わずか10,000円です。(やり方悪いのもありますがw)

たぶん、僕より収入がない人も多くいます。月数千円ということもあり得るってことです。

それでもブログ書き続けられる?

もちろん、このブログだけで食べられるにすることを目標にはしてますが、お金だけが目的じゃないです。

たぶん、お金稼ぎ目的でブログ書いてたら今頃やめてたと思います。毎日書くのは楽しいですが、辛くないといえば嘘になる。

僕の目的は前の記事にも書いた通り、
『「どうせ自分は〜」から「こんな自分でも〜」と言える人を多く増やしたい。』です。

なので、僕にとっては伝わらない記事ばかり書いて収入を得ても意味がないのです。

 

ブログをこれからはじめる方はここを押さえてもらえばと思います。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]