おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

親や大人の言うことを聞くのは中学生まで。もう良い子ちゃんでいるのはそろそろ飽きたでしょ?

time 2016/04/23

親や大人の言うことを聞くのは中学生まで。もう良い子ちゃんでいるのはそろそろ飽きたでしょ?
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

「言うこと聞きなさい」

このセリフが頭から離れずに、呪縛のようにからみついている人結構いると思います。

しかし、もう良い子ちゃんはいいんじゃないですかね?

なぜなら、親も友人も自分とは違うから。結論出すのは自分だからです。

人のいうこと聞いた分だけ、人の人生生きることになります。他人の意見否定した方が良いとすすめている訳じゃなく、他人の意見に安易に同調しちゃあかんということ。

 

 僕は、会社やめて完全に吹っ切ったら、めっちゃ楽になりました。

最初だけです。人が気にするのは。面白いことって最初だけじゃないですか。

面白いことをずっと同じようにやってたらみんな飽きるんです。

そうして、そのうち話題にしなくなり、忘れる。そんなもんです。さっさと動いちゃいましょ。   

そもそも、自分がそうやって考えているのかもしれません、わが身振り返れば、それは変わるかもね。

スポンサーリンク

さっき、吹っ切れたという話をしましたが、僕は自分の欠点である「注意力散漫で、ミスしやすい」「社内失業しちゃった」っていうことをはっきりと公言するようにしました。

今考えれば、こんな過去の出来事は鼻くそなんですが、当時は黒歴史でした。でも案外、人は気にしてません。

というより、上にも書いた通り、気にしているヒマがないw

まあ、気にしているやつがいたら、そいつは芸能人叩く奴と一緒でヒマ確定なので、ほっといてよし。  


僕が、今日書きたかったのはこの部分。

自分の価値は自分の判断によって決まる。他人は、人の存在なんて否定できないんです。

いくら、悪口言ったって、その人の存在を消すことなんてできないでしょう?

もし、悪口言われて存在を否定された気分になったのなら、それは「解釈」なんです。

言われたことは過去、しかし、過去は変えられない。どう前向きに解釈していくかしか、基本ない。

だから、全て自分なのです。

僕の「社内失業」も「過去の仕事の苦い失敗」も、嫌な思い出ですが、もう今は笑い話に変えました。

なぜか?他人がさほど気にしてないからです。どうでもいい話なんだったら、せめて笑い話に変えてやろうとそう思っただけです。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]