おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

「何となく分からない」だけで、チャンスをふいにするのはもったいない

time 2016/04/22

「何となく分からない」だけで、チャンスをふいにするのはもったいない
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

上手くいかない原因なんて、ほとんどが「何となく」から始まっています。

その「何となく」に振り回されていたらもったいない。

何となく分からないだけでチャンスを逃してない??

ほとんどがイメージやあいまいな決め付けです。

「やり方が分からない」から、なかなかジョギングを習慣にできない、「失敗しそう」だから、自分主催でイベントはしない。

こんな思い込みでチャンスをふいにするのはもったいないです。

振れ幅のある不完全な自分自身を認めよう

「ずっと、上手く言っている俺、私」なんてないのです。

スポンサーリンク

上手く言っている時→調子悪い時の繰り返しです。へんに自分に高い理想を課すと、ちょっと調子悪いだけで「あ、自分はダメ人間だ、駄目だ駄目だ駄目だ」となります。まさに、自滅です。

http://orezinal.com/150213

自分の感情に振り回されないためには、悩んだ時の対処法を事前に決めておく

僕の場合は、こう。

悩んだら…

Evernoteの方向性メモに書き出す→特に見返さない

事前に悩むのを防止するためにやっていることは…

  • Googleスプレットシートに毎日、「一人日報」を書く
  • 週に1回は、ブログ、収益、工数という項目で振り返る時間を1時間以上確保。

特に参考になるのは、jMatsuzakiさんのフローチャート図。ここまでの境地まで達したら、これだけでセミナー2時間打てるレベルw

自分で自分を経営する感覚はとても大切。 常に行動を記録し、分析する。

振り返りはその場限りだけで十分なのです。     

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]