「石の上にも三年」とかいうけれど、まずは自分が乗っている「石」を確認しよう

オピニオン
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

石の上にも三年という言葉を良く聞きますが。

「なんで3年働かないといけないんですか?」と部下に問われた時に、間に合わせによく使われる代表的な言葉ですが、この「石の上にも三年」ってそもそもどういう意味なんでしょうか?

石の上にも三年ってどういう意味?

冷たい石の上でも3年も座りつづけていれば暖まってくる。がまん強く辛抱すれば必ず成功することのたとえ。《コトバンクより》

なるほど。我慢強く辛抱すれば、必ず成功するということか。

しかし、気になるのが冷たい石という言葉。
そもそも、いろんな石あるじゃないですか。

もう、灼熱のように熱い石もあれば、とんがっている石もある。

ここでいう、熱い石=自分にとって快適でない環境、とんがっている石=過酷すぎて身体壊しそうな環境です。

石がそもそも悪かったら、辛抱する意味がないということです。

それは辛抱ではなく、ただの自傷行為だからです。(精神的な意味で)

自分の力にフタをする環境かどうかは、自分しか判断できない

劣悪すぎる環境ならまだ良いんです。

問題なのは、「劣悪なのか…?」と迷うレベルの環境です。

例えば、「業界じゃこれは当たり前だからね」レベルのパワハラ、その会社ではまかり通っている「いびり、陰口」がある環境とかね。

スポンサーリンク

これは、なかなか他人に話しても、「え…それうちにもあるよ」と分かってもらえないことが多いです。

自分で「この会社おかしいでしょ」「この組織やばいでしょ」って思っているなら、それはおかしいんです。合わないんです。

他人に相談はしても良いですが、分かってもらう必要はないんです。結局、決めるのは自分ですから。

石の上に一年でも半年でも良い

3年が判断にはベスト、3年以内にやめると「我慢できないね」「辛抱が足りない」と批判されることもあると思いますが、年数なんて人それぞれです。

気付ける人は、半年で見切りをつけて次の環境に進むでしょうし、3年以上かかっても気付けない人はいます。

要は、1年、2年の段階で今いる環境に疑問を持った時点で「遅かれ早かれ」なのです。

あとはいつ決断するかなのですが、決断は早い方が良いですよ。

今は、会社にいなくたって、色んな働き方をして生計を立ててる人がたくさんいます。

石の上に三年ということわざに惑わされず、自分の感覚を信じていきましょう。

こちらも合わせて読まれています

「残業しないと仕事回らないから」といっている経営者は無能なので離れるべし。

やりたいことだけやると決断しきるまでにお世話になった言葉22個<前編>

踏み出す勇気をもらおうとしてない?最終的な決断は自分にしかできない

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

元広告代理店マンでWeb集客とデータ分析が得意。ライター、ブロガー。音楽イベント団体「MUSICROWD」代表で、音楽を軸にした面白いイベントを展開中。歌ソロ活動してます。発達障害(ADD)(軽度)です。