おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

誰でも発信できる世の中であっても、発信し続けられる人はわずか。

time 2016/04/04

誰でも発信できる世の中であっても、発信し続けられる人はわずか。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

今日は、サクッと。見出しなしで記事書きます。

 

実はこのブログ、あともう少しで丸一年なのです。なんだかんだ、1年続けてこられたなという事と、発信を5~6年と続けている人はすごいなということを最近思っております。

 

すごいですよね、本当。10年とか続けている人は本当に化け物。

 

今はね、SNSとかブログとか無料で使えるし、誰でも発信できるはずなのに。毎日数年間、数十年間も継続的に自分の意見を発信している人は本当に少ない。

 

継続的に発信することは、「ずっと自分の意見を言い続けること」、つまりずっとだれかの鵜呑みにしているような生活じゃ、まず継続できないってことに気が付きました。

 

常に、情報にアンテナをたてて生活していないと、情報をずっと発信し続けることが難しいということ。

スポンサーリンク

 

だから、発信し続けられる人はおそらく、インプットの量も半端ないんだと思います。ブロガーとしてトップを走るイケダハヤトさんとか、一体どれだけのインプットをしているか、計り知れない。

まだまだってwww

というわけで、僕もたかだかブログ、1日1記事とかでひいひい言っておらずに、各SNSで情報発信を強化していきますー。

うし、がんばろ。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]