おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

そこらへんの自己啓発本にのってる小手先のテクより、まず「 パレートの法則」を知った方がいい

time 2016/03/28

そこらへんの自己啓発本にのってる小手先のテクより、まず「 パレートの法則」を知った方がいい
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

前々から、「パレートの法則」って知ってましたが、改めてマーケティングについて勉強した機会に、「パレートの法則」について調べたのですが、この法則はすごいですね。

何にでも言えてしまう、まさに世界基準みたいなもの。

「パレートの法則」って何?

結果の多くは全体を構成する内のごく一部が生み出しているという理論。俗に「80:20の法則」とも呼ばれます。

「80:20の法則」と聞いて、ピンときた人がいるのでは?

そう、これはビジネスシーンでよく使われる法則なのです。しかし、ビジネスの場面だけでなく、私生活においてもこの法則を活用することができます。

パレートの法則がいかに有用な法則か、いくつか事例を出していきます。

20%の自分の強みが80%の弱みをカバーしている

つい、自分の弱みを克服しようと頑張ってしまいますが、このパレートの法則にあてはめると…

【20%=強み、80%=弱み】

弱みを改善したところで、自分の結果たらしているものは、自分の強みが作用していることがほとんど。つまり、弱みをいくら改善したところで、平均的に見てしまえば大して変わらない。

大切なのは、「強みを卓越させること」です。ほかが追随できないほどに極める。

そうすれば、自分の人生を劇的に変えられる。「パレートの法則」を使えば、このように解釈できます。

20%の記事で80%のアクセス数を集めている

サイトのSEO対策やECサイトの売上アップでは、「パレートの法則」はつきもの。ブログにも同じことがいえます。

ブログを運営していれば、人気記事があると思います。そして、アクセス数のほとんどは20%の記事がその割合の多くを占めています。

確かに、ほとんど見られていない80%の記事を磨き直しアクセス数を底上げするのも手ですが、優先すべきはまず20%の記事を徹底的に磨き続けることです。そうすることで、より早くブログのアクセスを伸ばすことができます。

20%の余裕や休息が、80%の仕事を有意義なものにしている

生活の80%が「仕事」で、20%が「休日」という比率が一般的かと思います。

仕事が忙しいと、ついつい休まずにずっと仕事してたくなります。しかし、パレートの法則でいえば…

20%=休み、80%=仕事

この比率が崩れると、体調を壊したり、仕事のパフォーマンスが下がったりします。つまり、20%の休息が仕事のエネルギーになっているといえます。

まとめ

いかがでしたか。

小手先のテクよりも、このパレートの法則を知っておくだけで、いろいろなシーンで当てはめて考えることが出来るのです。

スポンサーリンク

パレートの法則についてもっと知りたい方は、こちらの本なんておすすめ。

あとこれも良いですよ。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]