おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

視野が狭くなってきたら、作った計画を全部ぶっ壊してみるのもアリ。

time 2016/03/08

視野が狭くなってきたら、作った計画を全部ぶっ壊してみるのもアリ。
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

実は、ここ最近自分の行動を改めねばと猛省しています。

結論からいうと、ちょっと「天狗」になってました。

ちょっと上手くいって色々なことを軽んじてた

もうココです。ひとまず、収益が安定してふんぞり返ってました。

僕が今やっているライターの仕事は、人と会うような案件はなく、とにかく企画案に沿ってガリガリ書いていくという仕事のスタイルで、正直人と会わなくても何とかなってしまっているのです。

それも相まって、人とのつながりを疎かにしていたなと反省しています。人と会わなくなったからこう視野が狭くなった感が出てきてしまって、ようやく気が付きました。

あ、これはおそらく「調子乗っている」と。

視野が狭くなったので、計画を全てリセットしました

全くゼロにするというわけではなく、もう一回計画を再構築します。まあ、一度計画立てたんだし、多分できるだろうと信じてます。

視野が狭くなっている時って、視点がずっと変わっていない時で。ちょっと目標とか目的を定めすぎて、遊びがない計画になってました。

スポンサーリンク

http://orezinal.com/150153

おそらく、思い込みもいっぱいあったんでしょう。もう視点がガチガチでした。

だから、思い切って今までつくった計画をぶっ壊しました!そうしたら、単純に物事を考えられるようになって、可能性ももっと広がりそうって前向きになりました!!

色々なことをする=中途半端になるという思い込みを捨てた

僕の最近の一番問題はここにありました。

色々なことにすることは、全てのことが中途半端になると思い込んでいました。

しかし、それはやり方次第で目的と範囲を事前に決めておけばそうはならない。

というわけで。今年からは、いよいよライター以外の仕事にもガンガン手を付けていきます。今度行う音楽イベント「セッション会」を始め、交流会やあとこのブログで書いている内容をまとめた有料コンテンツの配信などなど。

たくさんやりたいことが出てきた!ワクワク!!

 

視野が狭いなって思ったら、今作っている計画や土台を一度ぶっ壊してみましょう。すーっとシンプルに物事を考えられるようになりますよ!

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]