仕事がうまくいかないと思ったら、まず今の環境を疑ってみる

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

よく様々な記事で仕事術について書かれていますが、そのほとんどが仕事がうまくいかなくなったら、自分の内面を変えていこうという話が多い気がします。

しかし、僕は内面よりも「自分が身を置いている環境」を改めて振り返ることが大切だと思っています。

無意識に自分がいる環境に大きな影響を受けている

組織に1年いるだけで、組織の風土や常識などが身に染み付いてきます。しかも、自分が知らぬ間に。

ここで分かりやすい例を。東京大学に入学した学生がいるとします。「同級生に比べて自分は勉強ができない。東京大学に在籍しているけれど、本当は自分はできないやつなんだ」と。

これって比較対象にしているのが、自分の同級生、つまり東京大学の学生なんです。しかし、世間一般に出たらそりゃ頭いいはずなんですよ。入学しているわけだし、大学での勉強もついていくのがやっとのはず。

このように、人は無意識に周囲と自分を比較して、つい仕事がうまくいかないことなどに頭を悩ますのです。

環境を疑うことが大切

正当な評価を受けられる場所じゃないなら、仕事がうまくいかない状況を打破するのには相当なエネルギーが必要になります。まず大切なのは、「外の世界を知って環境を疑う」ことです。

環境を疑わないまま、日々過ごすことはとても危険だと思います。なぜなら、狭い評価軸からしか自分の評価を出来なくなってしまうから。

狭い評価軸のままだと、スーパーすごいコトしない限り、慢性的に仕事がうまくいかない状態になるのです。

つまり、自分にある無限の可能性をどんどん狭めることと一緒なのです。

何度も同じミスをしてしまうのは、能力の問題ではない。適職じゃないだけ
俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。 僕は学生時代、いろいろなアルバイトをしてきましたが、ミスが多...

楽しいと思える(適した)環境を探す。能力やスキルは勝手についてくる

自分が楽しいと思える環境にいてこそ、最大限の力が発揮できると僕は思っています。

自分の能力やスキルは正直、環境がよければ後で勝手についてきます。

しかし、自分に適していない環境に身を置いていれば、「やる気を起こすこと」からエネルギーを使っていかなければならない。

これって、僕はものすごく無駄だと思っています。車使って10分で行けるところを徒歩で1時間かけて行っているのとおんなじ。

モチベーションを上げることでエネルギーを使い果たしてしまうから、仕事を効率化するだの、より良いサービスにするだのに頭が回らない。仕事をこなすので精一杯になってしまうのです。だから、仕事がうまくいかないとなるのです。

スキルや能力がなくても、自分の適した環境にいった方が良い。

自分に合わない環境にいると、他の場所に行って活躍できるイメージが想像できないですよね。僕も以前そう思っている人間でした。「こんな仕事がうまくいかないやつが活躍できるわけがない」と。

なぜイメージできないか。それは自分が合わない環境にいて、力を出しすぎているから。疲弊しすぎてしまっているから。

スポンサーリンク

本当はそんなに力をかけなくていい。本当は少しの力で事足りるのです。でも合わない環境にいるから、モチベーションを上げることや自分を適応させていくことで力んでしまっているのです。

自分を変えていくことには時間の限界がある

「環境のせいにするな」という言葉に惑わされる必要はない。環境に自分を毎回適応させているほど、人生は長くない。

もう、合わない環境なら「環境が悪い」と割り切る。その方が、もっと気楽にスムーズに生きられます。

自分に合う環境を妥協せずに探し続けよう。見つかるまでは逃げ続ける
「環境が合わないから、会社に行くのが辛い」 でも、今の環境を出たところで、また同じことになるかもしれない。 ...

逃げるっていう話なら、家入一真さんの「我が逃走」なんてオススメ。

あとあと、9回転職してその後、起業して成功した横山貴子さんの本も結構オススメ。

もっと、肩の力抜いて、外のしがらみをほどいていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
よく読まれている記事はこちら