「バンド組まなきゃ」と焦るのはやめた。僕には僕のペースがあるから。

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

バンドを組んでいなければ、そもそもバンドマンといえるのかと、最近までどこか引け目を感じてました。だから、ブログにも積極的に書いて来ませんでした。しかし、僕は今までいくつもバンドを組んで気がついたことがあります。

自分が作曲・作詞した曲を演奏したい

それが、自分の作曲・作詞した曲を演奏したいということ。

そのためには、作曲・作詞ができる能力がなければいけないのですが、今までは演奏したい気持ちだけがはやって、すぐにバンドを組んでました。

スポンサーリンク

しかし、作曲、作詞の技術がないから、曲のアレンジに意見が言えないこと。言えたとしても、ニュアンスでしか伝えられずに明確に言語化出来ませんでした。

僕がやりたい音楽はできず、もどかしいままでした。だから僕は、自分で作曲をして世界観をかためてからバンドを組もうと決めたのです。

自分には自分のやり方・ペースがある

何もバンドを組んでなくても、バンドマン失格なわけじゃない。僕には僕のペースがあるということを実感しました。

周りのミュージシャンがバンドを組んでいるからって何も焦って無理に組むことはない。

きちんと納得できるメンバーが見つかってからでいいんだと思います。当たり前ですが、大切なこと学びました。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

新卒入社から半年で社内失業に。社会不適合を自覚して2015年4月に独立。チームで働くのが苦手でWebを使って「マイクロ起業」を実践中。 ライター/ブロガー。音楽×地域活性×ITでオモシロイことを仕掛けるべく、音楽イベント団体「Musicrowd」を運営中。 試行錯誤しながら、薬に頼らずにADD(注意欠陥障害)の症状を改善する方法を模索中。元吃音者(今でもラ行の発音は苦手)
LINE@の登録はこちらから!

スマホの方はこちらから↓
友だち追加

PCの方はこちらから↓

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら

Twitterでも情報発信しています