おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

その言葉って意識して使ってる?あなたの価値を下げるかもしれないワード5つ

time 2016/01/13

その言葉って意識して使ってる?あなたの価値を下げるかもしれないワード5つ
スポンサーリンク

僕が普段からなるべく使わないようにしている言葉があります。(まだまだ使ってしまいますが)

今日はそれを紹介します。

①4つのd(でも、だって、どうしても、だけど)

これは知っている人多いですね。

否定につなげる接続語で、人から嫌われるから使うのを控えましょうと様々な記事に書かれているので、特に説明はいりませんね。

接続語って口癖になりやすいので、つい無意識に出てしまいます。気を付けたいところです。

②なげる

仕事のやりとりなどでよく聞きますね。

主に「なげる」とは、仕事を頼む時に使います。「この仕事の概要をメールでなげといたから、見といて」みたいな感じにね。

僕は「なげる」は絶対に使いません。

仕事を依頼する時に「投げる」ってすごい投げやりで粗雑な印象がありますよね。「依頼する」「頼む」「任せる」でいいじゃないって僕は思います。

ほんの少しの違いですが、僕はこういう細かい配慮に人間性が出ると思っています。

③つめる

「問い詰める」の略。

つい使ってしまいますが、聞くにしても言うにしても、あんまり気持ち良いもんじゃない。

「指摘」とか「注意」といえば済む話じゃないかなと思います。「つめる」ってものすごく高圧的です。

我々が思う以上に言葉の力はものすごく強いです。一つの単語だけで人を傷付けたり不信感を持たせてしまいます。気を付けていきましょう。

スポンサーリンク

④儲ける

これ、使っちゃう人、かなりいるんじゃないですか?

利益を上げることは悪いことじゃないですが、「儲ける」って言い方はちょっと俗っぽい。

「儲ける」って戦争用語、狩猟用語です。これは、僕が以前お世話になった村尾隆介さんが掲げているポリシーでもあります。

http://ryumurao.jugem.jp/?eid=1009

ビジネスって別に戦争でも競争でもないですからね。わざわざ、攻撃的で火花を散らすような言葉を使う必要はないですよね。

⑤戦う

これも攻撃的な言葉ですね。

バリバリ儲けるとか、気合でとか、根性論でっていう風潮は、もう時代に合っていないと僕は思います。

うちは「アットホームな風土です。とても、和気あいあいでまったりとやっています。」しかし、「戦う」とか「儲ける」とかこういう言葉のはしばしから攻撃的な高圧的な雰囲気が出ていませんか?それは意識せずとも、出てしまうものなのです。

こういう言葉に敏感な人は「あれ?」ってひっかかるんですよね。意外に頭の片隅に残って、不信感が増大していくみたいな。

 

さあ、ここにあげたもの使ってましたでしょうか?

ちょっと厳しすぎやしないかい?とクレームが来そうなので今日はこのへんで。

みんながつい使ってしまう、「戦争用語&狩猟用語」については、まだ話足りないので、近いうちに別の記事で書きます。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]