おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

自分が100%満足できる音楽・バンドを作りたいなら、作曲のスキルはやっぱり必要だった

time 2016/01/09

自分が100%満足できる音楽・バンドを作りたいなら、作曲のスキルはやっぱり必要だった
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

僕は、今まで作曲できるようになりたいとか、あまり考えていませんでした。

しかし、いろいろな人とバンドを組んで、加入・脱退・解散を繰り返して、ようやく続かない原因が分かりました。

自分が表現したいように曲をアレンジできないのがもどかしかった

どうやら、僕は相当こだわりがあるようです。

こだわりがない方かなと思っていましたが、僕がやりたい音楽を話すと、「今まで聞いたことないね」っていわれます。

どうやら、僕は考え方が変わっているようで、だからまずは僕のこだわりをちゃんと形にしないと、と思って作曲の勉強を始めました。

確かに、バンドやっている時も、こう自分の表現したい音楽を伝えられず、かといって思うようにアレンジができないといったもどかしさがありました。

スポンサーリンク

長々説明しなくても、音源だけで分かってもらえる

バンドを組むとき、好きなアーティストや、演奏したいジャンルで話が進みますが、それではお互いがやりたい音楽は分かりません。

しかし、自分がやりたい音楽のイメージを音源にすることができれば、メンバー探しにも苦労しませんし、自分の中でもやっとした音楽を明確にできます。

今、作曲の勉強で苦戦してます

なんで、こうも作曲って分かりにくいんでしょうね…。独特の単語ばっかり出てくるし。本当、IT業界並みに横文字出てきますよね。これ何とかなりませんかね。

今度、機会があれば「初心者はなぜ作曲をするのが難しいのか」というテーマで記事書いてみようかな。作曲できずに僕みたいに挫折している人、いっぱいいそうだし、需要がありそうな気がする。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]