おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

「海芝浦」から見える景色は、疲れた心を癒してくれる最高の穴場スポット

time 2016/01/08

「海芝浦」から見える景色は、疲れた心を癒してくれる最高の穴場スポット
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

あんまり、こういうテーマでは書きませんが、たまには。今回、紹介する場所は「逃飛」にはうってつけの場所ですね。

海芝浦ってどこ?東京なの?

IMG_0543

神奈川県にある、鶴見線の終着駅。

地図を見せた方が早そうですね。ここでっせ。

nklll

そう、ここは京浜工業地帯のど真ん中なのです。

有名なのは、駅舎から至近距離で見渡せる海

京浜工業地帯、ふ~ん。だから何なの?ってなりますが、この立地をよく見てください。

海のところに駅があるでしょう!ごらんのとおり。海なんですよ本当に!

IMG_0534

フェンス超えたら海というなんともデンジャラスなところに駅があるのです。

スポンサーリンク

なんで、ここに駅があるかといえば、実は東芝の工場で働く社員用の駅なんですね。そのため、駅からは出られません。また、鶴見へ折り返す鶴見線の発車を待つ間、ここでしばし黄昏るのです。

IMG_0537

ここの夕焼けは格別。もうね、何時間もいられます。

電車の本数がとっても少ないから、計画を立てていこう

きれいな景色を見られるのですが、なんといっても電車の本数が少ないので、事前に乗る電車は調べておきましょう。

鶴見線は途中で分岐していて、この海芝浦行きはレア度が高く、なかなか来てくれません(笑)

そのため、途中の駅で待ちぼうけをくらうことになるのです。

 

しかし、またその駅もなかなか良い味を出していて、写真パシャパシャ撮りたくなる景色ばっかり。

本当にここが都会とは思えませんね。

IMG_0506 IMG_0528

逃飛」したいなーなんて、思ったらここに行きましょう。

お金もかからないし、人もそんなにいないから、本当にのんびりできます。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]