大掃除をして、改めて「整理」と「整頓」の意味が違うことを知った

スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です

元旦に自分の部屋を掃除していた時の事。参考にと色々な掃除のブログを見ていたら、どうやら「整理」と「整頓」では意味が違うことに気が付きました。

掃除をしても、片付かないのは「捨てる」発想がないから

大掃除する前に、今年はいつもよりもさらにきれいにしようと思って、いろいろな掃除ブログを見ました。

http://chigai-allguide.com/%E6%95%B4%E7%90%86%E3%81%A8%E6%95%B4%E9%A0%93/

このブログを見て、恥ずかしながら、「整理」と「整頓」の違いを始めて知りました…。

整理…不要なものを捨てる

整頓…あるものをきれいに並べる、しまう

スポンサーリンク

僕は後者の「整頓」しかできていませんでした。そもそも「整理」をしていなかったから、早く掃除が終わっていたのか…。

今年は、なるべく捨てるように努めましたが。結局、さほど捨てることができなかったので、反省です。

不要なものを見極められる力を身につけたい

今年からは不要なものを徹底的に見極めて、捨てていこうと思います。

このブログに書いてある「捨てるべきもの」の基準はとても参考になりました。

http://minimalist-fudeko.com/rules-of-throwing-away/

不要なものというのは、モノだけでなくあらゆる面で。それは「環境」かもしれないし、「立場」だったりする。

自分に関わる不要なものは極力捨てていこうと思った大掃除の元旦でした。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
俵谷 龍佑

俵谷 龍佑

ライターの仕事を中心に、小規模事業者さんのWeb集客のお手伝いしています。マーケティングの実験の場として、音楽活動やイベントを開催しております。 ADD(注意欠陥障害)の症状に悩まされながらも日々奮闘しています。

良いと思ったらシェア!

よく読まれている記事はこちら