おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

どうしても決断する勇気が出なければ、自分の背中を押して欲しい人を探すこと[週記]

time 2015/12/07

どうしても決断する勇気が出なければ、自分の背中を押して欲しい人を探すこと[週記]
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

先週に引き続き、今週の振り返りを。

▼今週のピックアップ記事はこちら▼

http://orezinal.com/150236

http://orezinal.com/150240

http://orezinal.com/150241

どうしても決断する勇気が出なければ、自分の背中を押して欲しい人を探すこと

最近、部屋の整理をして、モヤモヤしたときによく書いていたノートが出てきました。見返してみたら、自分が会社を辞めようか悩んでいた頃のリアルタイムな心情がたくさん綴られていました。

改めて見返してみて思ったのが、会社を辞めるか続けるかで悩んでいたけれど、結論は決まっていたんだなということでした。

その時の自分を振り返ると、自分の背中を押して欲しい人を探していただけなんだなあということに気が付きました。

すごい他力本願な話ですが、自分となるべく近い境遇の人にバッググラウンドが似ている人に話を聞きたいもんです。もし、身近にそういう人がいなくて、アドバイスがしっくり来ていないのであれば、聞く人を間違えているのかもしれません。

http://orezinal.com/150242

しっくりくるまで決断できないのは仕方がないです。今ならネットでも探せます。僕のようにいろいろな人がブログやインタビューなどで発信しています。そして、聞きたい人がいれば直接連絡をとってみて、会ってみるとよいです。

僕は実際にそのように話を聞いて、刺激を受けて、最後の一歩を踏み出すことができました。

http://orezinal.com/150073

今週グッときた記事

ぐっときた記事①

http://liginc.co.jp/208139

LIGのダメ出しをしてもらうという新しい試みの記事。これは面白い。結構いいことたくさん書いていました。

スポンサーリンク

LIGブログは「Web制作」や「英語」という分野は手堅く書けている印象です。繰り返しになりますが、こういった良コンテンツを今後も作り続けられるかどうかでしょう。アクセスが爆発することは少ないと思いますが、やり続けていることで読み手も定期的に読みに来るし、ブランドに対するロイヤリティも高まるというオウンドメディア時代の基本をしっかり踏まえている感じがします。逆に、続かないのはそれまでということです。漫画とかでも、昔は面白かったのに……なんてことは往々にしてありますよね。

好悪は別にしても、 一定のクオリティのものを作り続けるというのは想像を絶するほど辛い戦いです。せっかく抱えていた読者さんが、ある瞬間から離れてしまうことも多い。だからLIGブログだけじゃなく、Webメディアを作っている人は本当に大変なんだろうなと思うんです。ダメ出し云々というより、ネタが枯れないように頑張って続けてほしいとか、そういう気持ちが強いですね。

LIGブログにダメ出ししてください!第2回ブロガー・やまもといちろうさん》より

結局、ブログでもメディアでも継続をすることが大切だということですね。

ぐっときた記事②

http://www.yomiuri.co.jp/science/goshinjyutsu/20151204-OYT8T50135.html

これは怖すぎる…。

広告表示しただけで、ウィルス感染とか。対策はソフトの最新化らしいです。つくづくセキュリティ対策の重要性を感じさせられますね。皆さんも気を付けてください…。

今週チャレンジしたこと

1曲完成したこと

歌無しのものですが、1曲完成しました。あと2曲未完成なので、何とか仕上げたい。

格安航空の予約

京都に行くために予約しました。新幹線も飛行機もネットでチケットの購入ってしたことなくて、初めてネットで予約をしました。

今回、格安航空で旅行をするのは2回目です。一人旅では初めて。成田空港は搭乗口が分かりにくいから、迷子にならないか心配ですね。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]