おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

AdSense(アドセンス)広告の2次審査に通らなかった原因を改めて振り返ってみる

time 2015/12/02

AdSense(アドセンス)広告の2次審査に通らなかった原因を改めて振り返ってみる
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

実は、最近までブログ運営では肝となるAdSense(アドセンス)広告の2次審査がずっと下りずに苦戦しておりました。AdSense(アドセンス)広告は、広告の中でも審査が厳しいと聞きますが、まさか半年以上も2次審査が下りないとは…。

無事掲載されたということで、今回はAdSense(アドセンス)広告の2次審査を通過して掲載されるまでの僕の奮闘記を書いていきたいと思います。

AdSense(アドセンス)広告の審査基準は?

明確な基準は公開されていないために分かりませんが、審査を通すための最低要件と言われているのは以下の二つです。

  • アダルト系、過激な反社会的な内容を書かない
  • 内容が濃い記事が20本以上

1次審査は、比較的どんなサイトでも通るのですが、AdSense(アドセンス)広告の2次審査(広告コードをブログに貼って広告が掲載されるのを待つ)は非常に厳しいです。

スポンサーリンク

AdSense(アドセンス)広告の2次審査を確実に通したければ、内容的に室の高い記事を50~100本執筆し公開することですね。あとは、手探りでやっていくしかありません。僕は、上の二つはクリアしていたので、まさに手探り状態で打開策を探しました。

あくまで僕の推測ですが、AdSense(アドセンス)広告の2次審査が下りずに掲載されなかった理由は、以下の3つにあると思います。以下の3つを解決したら、無事に広告掲載がされました。

1.レンタルドメインと独自ドメインの両方でアクセスできる状態だった

ロリポップサーバーを契約したので、ひとまずロリポップのドメインでブログを書き始めました。

そして、落ち着いた段階で、独自ドメイン(.comとか.jpとかいうやつです)を取得しました。

本来、独自ドメインを取得した際にレンタルドメインからデータを引越しするのですが、移行作業の方法が分からずに放置してました。しかし、これを放置してたことで二つのURLからサイトにアクセスできる状態になってました。

結局、リダイレクトをかけて以前のドメインにアクセスしても自動的に独自ドメインに飛ぶ設定にして何とか解決しました。

▼詳しくはこの記事で▼

http://orezinal.com/150239

スポンサーリンク

ページ: 1 2

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]