おれじなる

「どうせ自分なんか」から「こんな自分でも」へ導くブログメディア

苦しい時を乗り切るのに大切なことは、足を止めずに同じペースを維持すること。[週記]

time 2015/11/29

苦しい時を乗り切るのに大切なことは、足を止めずに同じペースを維持すること。[週記]
スポンサーリンク

俵谷 龍佑(@tawarayaryusuke)です。

先週に引き続き、今週の振り返りを。

▼今週のピックアップ記事はこちら▼

http://orezinal.com/150229

http://orezinal.com/150230

http://orezinal.com/150233

苦しい時こそ、足を止めずに同じペースを維持することが大切

これは今日のジョギング中にひらめきました。

ジョギングは、「楽しい!!」って感じでは走っていないんですね。僕が走る理由は、仕事で多忙でも息切れせずにやりたいことをやるための体力・精神力をつけるためです。

だから僕にとっては趣味というかトレーニングに近いです。もともと運動も苦手ですし。やっぱり、走っている最中はかなり苦しいです。息も上がるし、足も痛くなるし。

でも苦しくても走り続けていくと、苦痛ってそこから増えずに一定になるタイミングがあるんです。でも何度も止まって走ってを繰り返すと、「また走るのか」と精神的な苦痛が大きいんです。振り幅が大きいんです。

これは実は仕事でも同じことがあてはまるのではと思っています。

仕事もある一定ずっとやっていると集中モードに入るから、ちょっと疲れていても何とか出来てしまう。しかし、いったん手を止めると、また仕事を再開するのが大変。

日ごろ、いっている継続の大切さに通ずる部分でもあります。

http://orezinal.com/150185

苦しいとついつい止まってしまいたくなるのですが、そういうときこそ止まらない。止まった方が余計に苦しいからです。

今日のジョギングで大きな学びを得られました。

今週グッときた記事

ぐっときた記事①

http://www.roomie.jp/2015/11/301474/

「歯科検診ができるりんご」って触れ込みは、斬新で良いのですが。

これ、惜しい商品なんですよね。結局、アプリに従わないといけないからなー。かじって、自動でかみ合わせとかどれだけ偏って噛んでいるかなどを判別してくれたら面白いんですけどねw

食べ物となると、なかなか実現までに時間がかかりそうですね。

スポンサーリンク

ぐっときた記事②

http://markezine.jp/article/detail/23351

この記事はものすごい専門的で難しいので、簡単に要約すると広告の精度がもっともっと高くなるよーって話です。

ここに書いてあることが実現できるようになれば、遠くない未来に広告が自分より先回りして欲しいものをすすめてくることは全然起き得ます。

例えば、日ごろ「あーダイエットしたいなあ」と思っている人が、ネットでピザの宅配をしようとしたら、「過去の統計からあなたはダイエットをしたいみたいなので、こちらのカロリーの少ないピザがおすすめです。」みたいなおせっかいなおすすめをしてくる可能性があるということです。怖いですね(笑)

今週チャレンジしたこと

作曲を始めたこと

これは自分にとっては躍進的な一歩です!

今まで作曲したかったのですが、やり方が分からなくて放置していました。しかし、この前少しいじったのがきっかけで作曲の仕方が偶然分かって、そこからあれよあれよという間に一曲出来上がりました。(インスト曲ですがw)

作曲をして思ったのが、やっぱり自分はものを創ることが好きなんだなということ。時間を経つのを忘れて作曲してしまうので、ちょっと制御しないといけないほどに没頭してしまいます。

本当にやりたいことってそういうことですよね。

http://orezinal.com/150189

7km走破

ようやく、ぶっ通しで7kmまでは走れるようになりました。あと、3kmで10kmです。息が上がるよりも先に足が痛くなるので、そろそろ筋肉を付けたほうがよさそうです。

今年中にやること

あと一ヶ月で2015年も終わりということで、今年中にやっておきたいことを書いておきます。

曲をあと2曲作成

ようやく、自分がやりたいことに時間を割けるようになってきました。あと、2曲は作成したいです。今度は長めの曲を作成したいですね。

10km走破

上にも書いた通りです。あと3kmなのでここは頑張りたいところ。

京都に旅行に行く

毎年いっているのですが、今年はまだ行けてないので、年納めに行ってこようかと。早朝の京都の鴨川でジョギングすることを画策中。

スポンサーリンク

著者

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

俵谷龍佑(タワラヤリュウスケ)

「社内失業」になり、1年で大手企業を退職。その後、ADD(軽度)が発覚。 それを機に、「強みを伸ばす」の重要性に気付き、向いてない事を諦めてやりたいことだけやる人生を目指す。28歳、作曲も歌も未経験という状態から、昔からの夢「音楽で食べていく」ことに向けてようやく本気で取り組み始める。今は、まだ作曲中、歌練習中で、音楽では食えてません。フリーライターで生計を立てています。 [詳細]